ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安くておトク、3月にねらい目の「型落ち家電」はコレだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春から新生活を迎える人にとって、この時期は何かと物入り。限りある予算は賢く使いたいところですが、とくに生活必需品である家電はそこそこ値が張るもの。そこで、狙い目なのが最新モデルの一つ前、いわゆる「型落ち家電」です。

「エアコン」ほか、3月の3大”型落ち家電”は?

家電はほとんどの場合、最新モデルが発売されるタイミングで、旧型となる型落ち家電は在庫一掃のため値下げして販売されます。ただ、物によって最新モデルが発売される時期が異なるため、つねに旧型が安く販売されているとは限りません。では、新生活の準備が立て込む3月は、どんな製品が狙い目なのでしょう? 家電コーディネーターの戸井田園子さんが教えてくれました。

「3月の3大”型落ち家電”としてオススメしたいのが、『エアコン』『ロボット掃除機』『縦型洗濯乾燥機』です。まず『エアコン』ですが、年末から2月にかけて新製品の発売時期になりますので、前年のモデルが、3月から安く出回るようになります。シーズン的に考えると、4月は暖房器具があまり必要ではなくなりますが、いずれ使用するのであれば安いうちに購入した方がいいでしょう。同じく、『ロボット掃除機』は年末から年明けにかけて、『縦型洗濯乾燥機』は春発売が多いので、最新モデルを発売したメーカーは一世代前のモデルが3月にお得になっている傾向にあります」(戸井田さん、以下同)

ちなみに、2016年ならではの“事情”で、さらにプライスダウンが狙えそうな家電もあるそうです。

「今年は暖冬が続いたため、『暖房機』はかなり在庫があります。そのため、価格の下落率は大きくなるでしょう。また、これからの状況次第ではありますが、花粉の飛散状況がひどくなければ、3月以降に『空気清浄機』もかなり安くなるかもしれません。気候に左右される家電は要チェックですね。また、トレンドから見えてくる傾向としては、最近コードレス掃除機に押されて、『キャニスター型掃除機』(※)があまり売れなくなっているため、型落ちでなくてもかなりお得な傾向にあります」

※本体をホースで引っ張り床移動させる形式の掃除機

新製品の発売時期やその年の気候、トレンドなどから、よりお安くゲットできそうな型落ち家電が導き出される模様。ちなみに、こうした型落ち家電は、ほぼ半額前後まで値下がりするそうです。戸井田さんいわく、「発売当初の価格から45%以上の割引であれば買っても損はないです」とのこと。いますぐは使わなくても、いずれ使うものならば、安い時期に買わない手はないかも。

最新モデルの大幅規格変更には要注意!

これだけ聞いたら、型落ち家電に狙いを定めて買いあさりたくなりますが、もしかしたら最新モデルにくらべて保証や性能が劣るのではないかと不安が残る人もいるかもしれません。

「展示品ではない限り、1年程度の型落ち家電なら保証期間が短いなどのデメリットは、ほぼありません。ただ、使い勝手やデザインなどの進化がメインで、基本性能は大きく進化せず最新モデルがいわゆる“マイナーチェンジ”した型落ち家電がおトクです。しかし、基本性能や新機能搭載に大きな進化があった年は、型落ちではなく新製品の価格が安定する半年後を待った方がおすすめです。例えば、新しい充電池が誕生し、最新モデルではその充電池を使用した家電が発売されるなど、製品規格がガラッと変わる時期の前後は、旧規格の型落ち家電は避けた方が良いですね」

このような残念な事態を避けるためにも、前年モデルとの差をメーカーサイトのリリースなどでしっかり確かめておくことが大事なのだそう。最後に4月以降にチェックしたい家電も聞きました。

「『洗濯乾燥機』は春に縦型の新製品がリリースされるため、4月以降に2015年モデルが型落ちになりますし、あわせて秋に発売になったドラム式も一旦価格が下がる傾向になります。また、『オーブンレンジ』は5月から夏にかけて最新モデルを発売するメーカーが多いので、4月ごろに底値になってきます。新生活の必需品ということでもあり、お得な価格で出す傾向ありますね」

これらのポイントをふまえ、まずは掘り出し物の「型落ち家電」をリサーチしてみては?
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/03/ThinkstockPhotos-500727786.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

わたしは見た!他人の家で見た驚きの冷蔵庫の中身!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP