体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5人の子をもつ母が語る、わたしが沖縄・離島へ移住したわけ

沖縄の古民家へ移住した子ども5人の大家族。その理由と暮らし

沖縄本島からフェリーで約1時間北上。伊是名(いぜな)島がある。人口約1600人の小さな島だ。この島に昨年末に東京から移住してきた大家族を取材した。伊是名村では定住促進事業として、古民家の復元・修復を進めており、家賃3万円で移住する家族を募集していた。これに応募したのが伊藤さん一家。育ち盛りの子ども5人を抱えての移住、さぞかし苦労が多かったのでは……。

移住決定後に伊是名島を地図で確認した

沖縄の離島、それも那覇から車で約2時間の運天(うんてん)港から、さらにフェリーで約1時間かかる「伊是名島」。沖縄のルーツ、琉球王朝をつくった「尚円王(しょうえんおう)」の生誕の地でもあり、手つかずの自然が残る風光明媚な島だ。それだけに昔ながらの集落が残され、伝統行事も重んじられ、沖縄の中でも特別な島と言える。しかし、移住する前、伊藤さんは伊是名島どころか、沖縄に一度も訪れたことがなかったという。【画像1】伊藤さん家族が住む「伊是名集落」のそばにある伊是名ビーチ。沖縄でも有名なビーチで夏には多くの観光客でにぎわう(写真撮影:伊藤加奈子) 【画像1】伊藤さん家族が住む「伊是名集落」のそばにある伊是名ビーチ。沖縄でも有名なビーチで夏には多くの観光客でにぎわう(写真撮影:伊藤加奈子)【画像2】伊是名島に近づくと三角錐のような山が見えてくる。伊是名グスク跡だ。手前に広がるのは、日本の渚100選に選ばれた「伊是名二見ヶ浦海岸」(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像2】伊是名島に近づくと三角錐のような山が見えてくる。伊是名グスク跡だ。手前に広がるのは、日本の渚100選に選ばれた「伊是名二見ヶ浦海岸」(写真撮影:伊藤加奈子)

「夫とよく、テレビの旅番組を見て、沖縄っていいね、一度行ってみたいし、住めたらいいね、と話をしたことはありましたが、伊是名島には縁もゆかりもありません。それどころか、移住の応募をするまで伊是名島がどこにあるのか知らなかったんです。応募してから、どんな島なのかネットで確認しました。やっぱりコンビニはないのねと(笑)」

田舎への移住となると、旅行で訪れたことがある、友人がいるなど、なにかしらきっかけがあるものだ。しかし沖縄の離島暮らし、それも古民家なら一度は住んでみたいと思うもの。実際、伊是名村が移住者を募集したところ、SNSで瞬く間に拡散され、1週間で閲覧数は100万件を超えたという。しかし、現実的に離島に移住となれば、憧れだけで決断できるものではない。実際の応募は25組で、審査対象になったのは8組だったそうだ。

今回の入居は2組で、そのうちの1組が伊藤さん家族だ。伊藤さんが募集した理由は、離島暮らしへの憧れでも、古民家に住まうことでもなかった。伊是名島では大声で笑い、広々とした庭で遊び回る子どもたちだが、移住前に住んでいた東京での暮らしは、決して楽しいものではなかったと言う。

移住の理由は「子どもの笑顔のため」

「子どもが5人もいれば、毎日が戦いです(笑)。部屋の中で飛び跳ね、けんかもします。隣近所に申し訳ないと思いながらも、子どもを静かにさせるのには限界があります。移住前は、肩身の狭い思いもしましたし、気を遣いすぎて人付き合いにも疲れてしまいました。何よりも子どもたちから笑顔がなくなっていくのに耐えられなくなって」

伊是名島への移住は「もちろん、自然のなかでのびのびと育てたかったし、子どもたちが島の暮らしで学ぶこともあるだろうという想いもあった」と伊藤さんは言う。長女(12歳)を筆頭に下4人は全員男の子。わんぱく盛りで大人しくしなさいというほうが無理というもの。【画像3】移住した古民家の縁側に学校から帰った子どもたちが集合。右から長女(12歳)、三男(5歳)、四男(3歳)、伊藤さん(30代)、次男(9歳)の大家族。長男(10歳)は恥ずかしがり屋で、撮影にも飽きてしまい、どこかへ行ってしまった(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像3】移住した古民家の縁側に学校から帰った子どもたちが集合。右から長女(12歳)、三男(5歳)、四男(3歳)、伊藤さん(30代)、次男(9歳)の大家族。長男(10歳)は恥ずかしがり屋で、撮影にも飽きてしまい、どこかへ行ってしまった(写真撮影:伊藤加奈子)

伊藤さんは夫の仕事の都合で、東京都北西部の町を何度か引越しをしている。最後に住んだ都営住宅では、子どもたちが家のなかで遊んでいると、上下左右の部屋からクレームが頻繁にあったそうだ。隣人も「子どもだから仕方ない」と思っていても限界だったかもしれない。でも、伊藤さん一家も息をひそめて生活するわけにもいかず、東京での生活は精神的に限界を超えていた。

さらに周囲の環境にもなじめず悩んでいた。特に長男は転校した学校が合わず、「あんなにいつも元気だったのが、しゃべらないし、笑わなくなってしまったんです。いじめがあったわけではありません。カウンセリングも受けましたが、ただただ環境に合わなかったんだと思います。人で苦労するより物で苦労する方がいい、と言ってくれた知人の言葉も後押しになりました」【画像4】庭が広く、隣家とも程よい距離感があり、子どもたちは誰に気兼ねすることもなく遊び回る。次男が乗っている壁は、古くから沖縄の住宅にある「ひんぷん」。道路からの視線をさえぎり魔物が入ってこないという言い伝えがあるもの。子どもにかかれば、どんなものでも遊び場になってしまう(写真撮影:伊藤加奈子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。