ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディオヘッドのトリビュート公演、元“ヘドウィグ”キャストがスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レディオヘッドのトリビュート公演、元“ヘドウィグ”キャストがスタート

 ブロードウェイ版『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のキャストだったレナ・ホールとマイケル・C・ホールが、3月後半にニューヨークでレディオヘッドのトリビュート公演を行うことになった。

 レディオヘッドの20年間のキャリアで生まれた楽曲をフィーチャーし、“Radiohead: Obsessed”と題された同公演が3月19日、マンハッタンにあるCafe Carlyleでスタートするそうだ。ニューヨーク・タイムズ紙が伝えている。レナ・ホールとマイケル・C・ホールはそれぞれ、2014年から2015年にかけてブロードウェイで上映された『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』に出演していた。

 レナ・ホールは先月、レディオヘッドの名曲「カーマ・ポリス」のカバーをレコーディングしていたことをツイッターで明かしていた。「“カーマ・ポリス”のレコーディングがちょうど終わった……。あなたのように高い音をキープし続けるようなものは他にないわ! @radiohead」

 一方のマイケル・C・ホールは、米ドラマシリーズ『デクスター ~警察官は殺人鬼』での主人公役で良く知られる存在で、最近ではデヴィッド・ボウイのミュージカル『Lazarus』で主役を演じていた。

関連記事リンク(外部サイト)

英国でクリエイティブ産業が成長、レディオヘッドの新作効果にも政府が期待
【SUMMER SONIC 2016】第1弾出演者にレディオヘッド、サカナクション、アンダーワールド、ファーギーほか
レディオヘッドが遂にニューアルバム発表へ、6月のフェスでお披露目

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。