体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FEMM、「L.C.S.」MVがMTVのヘビーローテーションに決定

FEMMの新曲「L.C.S.」のMVがMTV EXCLUSIVEに決定したことがわかった。
「L.C.S.」MV (okmusic UP's)
FEMMは2月前半にデビュー曲「PoW!」MVが新人として異例のMTV BUZZCLIPに選出されており、MTVが2ヶ月連続でヘビーローテーション展開を獲得するのは、新人アーティストとしては初めての快挙だ。

「L.C.S.」「PoW!」共に、2月24日発売のメジャーデビューEP『PoW! / L.C.S. +Femm-Isation』に収録。「L.C.S.」はSkrillexとのユニットDog Bloodでも知られるドイツのDJ/プロデューサーBoys Noizeによるループ感の強いトラックに、音楽を快楽的に捉えた歌詞が乗ったファンキーかつハードなフロアチューン。

MVはモーションキャプチャーを発想の転換で使用した摩訶不思議な映像となっており、スタイリングをセイショーコ、コレオグラフはHidali、映像ディレクションは柴田大平によるもので、世界的評価の高いクリエイター達によって制作された傑作だ。

FEMMの身体モーションキャプチャーと撮影カメラの位置や振り角情報のキャプチャーを通常の撮影と同時に行うことによって、CG上で撮影時と同じダンスとカメラワークを再現。それらの素材を融合させることによって、ありえない身体の動きやカメラワークをCG上で作り上げている。

恣意的なバグにより2体の身体が崩れ落ち、複製され、増殖するという異常を含め、エキセントリックかつカオスな新しいカタチのダンスビデオに仕上がっている。

また3月26日には、昨年hideのホログラフィックライヴでも話題となった世界最高峰の3DCGライブホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」で行われるイベント「VRDG+H」に出演することが決定している。

こちらは、独自の切り口で電子音楽と映像表現の異種交配実験を続け、世界中でカルト的な人気を博すイベント「BRDG」が、初めてVRを取り込んで行なうイベントで、FEMMは「L.C.S.」のディレクター柴田大平が行なうVR-VJとタッグを組んで出演し、同楽曲を初披露する。バーチャルとリアルが入り乱れる新感覚のライヴ体験は必見だ。

「L.C.S.」MV
https://www.youtube.com/watch?v=mbIJlQjv3pU

「PoW!」MV
https://youtu.be/fz3jLeDvpu4

EP『PoW! / L.C.S. +Femm-Isation』
発売日

【EP+AL「Femm-Isation」】

AVCD-93368~9/¥2,900+税

【EP+無音パッケージ「Femm-Isation」】

AVCD-93370/¥1,500+税

※無音パッケージはCD-Rとなっており、音源は収録されていません。

既に1st Digital Album「Femm-Isation」をDLして、楽曲をお持ちの方に向けた商品です。

<収録内容>

■Disc.1「Pow! / L.C.S.」

01. PoW! [New Song!]

02. L.C.S. [New Song!]

03. Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble(Japanese Ver.)[New Version!]

04. Fxxk Boyz Get Money(Invaderous Remix)[New Remix!]

05. Party All Night(sfpr Remix)

06. Kill The DJ(Invaderous Remix)

07. Kiss The Rain(sfpr Remix)

08. Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble(Invaderous Remix)

09. Whiplash(sfpr Remix)

10. UFO feat. Fz from sfpr vs Invaderous(Original Mix)[New Edit!]

■Disc.2 「Femm-Isation」

01. We Flood The Night

02. Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble

03. Kill The DJ

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。