体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芸術の街、アントワープを満喫できるおすすめ観光ポット13選

Photo credit: Jon Gonzalo Torróntegui via flickr cc

Photo credit: Jon Gonzalo Torróntegui via flickr cc

こんにちは! Compathy MagazineライターのMayumiです。
『フランダースの犬』の舞台、そしてバロック絵画の巨匠ルーベンスの故郷であるアントワープ。
また、アントワープはファッションやデザインでも数々のデザイナーを生み続けています。
芸術的な雰囲気が漂うこの街は、歴史を感じることのできる建築物や、『フランダースの犬』の舞台にもなった動物園、現代美術館など魅力的な観光スポットで溢れています。
今日は私も大好きなアントワープの観光スポット13ヶ所の魅力をたっぷりとお伝えします。
アントワープへ観光に出かけましょう!

アントワープとは?

アントウェルペン(オランダ語: Antwerpen オランダ語発音: [ˈɑntˌʋɛrpə(n)]、 フランス語: Anvers、 英語: Antwerp)は、ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン州の州都で、ベルギー第2の都市。英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルス(アンベルス) 2012年1月1日の総人口は502,604人。面積は204.51 km²、人口密度は2,457.56人/km²。
出典:アントウェルペン-Wikipedia

アントウェルペンにはアントウェルペン王立芸術学院があり、優れたファッション・デザイナーを輩出している。特に1980年代に頭角を現してきた6人は「アントウェルペンの6人」と呼ばれ、現在でも国際的に活躍している。
アニメで一躍有名となった物語『フランダースの犬』の舞台でもあるが、現地の人にはあまり知られておらず、ゆかりの地を訪ねてやってくる観光客はほとんど日本人である。また、リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ローエングリン』は、10世紀のアントウェルペンを舞台としている。
出典:アントウェルペン「文化」-Wikipedia

ベルギー第2の都市、ホットなアントワープの魅力

アントワープはベルギー第2の都市で巨匠ルーベンスの故郷、ダイヤモンド産業の中心地でもあります。現在ダイヤモンド博物館は閉館し、複合博物館MASのダイヤモンド・パビリオン内でダイヤモンドなどの宝石を展示しています。
また、アントワープには、1663年創立の歴史ある芸術大学、アントワープ王立学院があります。入学も卒業も厳しいと言われている名門芸術大学です。世界中からこの学校へ通いたいと訪れる人々が多く、数多くの優秀なクリエイターを輩出しています。刺激的なアントワープは美術好きな人から、美術を学ぶ学生まで大きな影響力を与えています。

1. アントワープ中央駅

Photo credit: Nakano Takayuki「アントワープ図鑑(2)世界で最も美しい駅。ダイアモンドとユダヤ人」

Photo credit: Nakano Takayuki「アントワープ図鑑(2)世界で最も美しい駅。ダイアモンドとユダヤ人」

大聖堂を思わせる、世界一美しい駅であるベルギー鉄道、アントワープ中央駅。鉄とガラスでできた美しいアーチは、高さ185メートル、幅44メートルもあります。また、色彩豊かな大理石でつくられた駅舎も見所のひとつです。この場所は、映画など数々の撮影場所としても利用されています。
駅内に入っているカフェにもぜひ訪れましょう。

アントワープ中央駅(Station Antwerpen-Centraal)
住所:Koning Astrid Plein Antwerp 2000

2. プランタン=モレトゥス博物館

Photo credit: Arikawa Satoko「「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。」

Photo credit: Arikawa Satoko「「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。」

ユネスコ世界遺産に登録されているプランタン=モレトゥス博物館は、世界で最初に産業印刷が行われた場所です。印刷機械や技術はもちろんのこと、芸術家が集うサロンでもあったため、豪華な装飾が施された部屋や調度品などがあり見所たっぷりのスポットです。
美しい中庭もお見逃しなく。

プランタン=モレトゥス博物館 (Museum Plantin Moretus)
住所: Vrijdagmarkt 22-23 2000 Antwerpen
電話:+32 3 221 14 50
開館時間:(火〜日)10:00〜17:00
休館日:月曜
料金:(大人)8ユーロ(65歳以上、12歳~26歳まで)6ユーロ(11歳以下)無料 ※毎月最終水曜日は無料
HP:http://www.museumplantinmoretus.be

3. 複合博物館MAS

Antwerp, Belgium by rick ligthelm, on Flickr
“Antwerp, Belgium” (CC) by  rick ligthelm 

独特な建築が目を引く複合博物館MASは、2011年にオープンした新しい博物舘です。外壁には、アルミで作られたアントワープのシンボルである手が3000個ほど埋め込まれています。
10階建てのこの建物は、3階から8階までが展示スペースで3階は特別展を行っています。また10階にある展望台は無料でアントワープの街を一望できますよ。

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。