ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮面ライダーゴーストで関智一の乱用が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ朝日系列で放映中の『仮面ライダーゴースト』で、声優の関智一さんが乱用されていると話題になっています。

【関連:『仮面ライダー1号』新スーツ発表で往年のファン「中の人はまさか……」】

関さんはアニメ『昭和元禄落語心中』の主人公・与太郎や『のだめカンタービレ』の千秋真一、『ドラえもん』の骨川スネ夫、『妖怪ウォッチ』のウィスパー、『新世紀エヴァンゲリオン』の鈴原トウジなどイケメンから国民的キャラクターまで幅広く演じわける実力派声優。

そんな関さんは業界屈指の特撮好きで知られていますが、2015年公開の映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』では、ナレーション、ショッカー首領、仮面ライダーV3、仮面ライダーアマゾン、仮面ライダーストロンガー、仮面ライダースーパー1、仮面ライダーW、ギリザメス、シオマネキング、カメバズーカ、マシーン大元帥と演じ「関智一大戦」と騒がれていました。

そして今作『仮面ライダーゴースト』では、主人公・天空寺タケルが憑依する形で力を借りる偉人ゴーストたちの声を担当しているそうです。
現在までに宮本武蔵ことムサシ、エジソン、ロビン・フッド、ニュートン、ビリー・ザ・キッド、ベートーベン、武蔵坊弁慶ことベンケイ、石川五右衛門ことゴエモン、坂本龍馬ことリョウマ、卑弥呼ことヒミコ、ツタンカーメン、織田信長ことノブナガ、フーディーニ、グリム、三蔵法師ことサンゾウの実に15人の偉人ゴーストを演じ分けています。

先日行われた『第2回 全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐』のトークショーで関さんは、こんなことを話していました。各偉人を演じる際に声の雰囲気など監督からのオーダーがあるそうですが、例えばノブナガは若本規夫さんのモノマネにしたりニュートンはおじいちゃんぽくと、それぞれ工夫しつつ演じ分けていっているんだとか。さすがにこんなにも演じ分けなければならないとなるとご本人も苦心しているそうです。でもだからこそ毎回の放送がますます楽しみになってしまいますね!

※画像はテレビ朝日『仮面ライダーゴースト』公式サイトのスクリーンショットです。

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

『おそ松さん ちゃぶ台集合!セット』登場 エスパーニャンコもいるざんす!
『名探偵コナン』コンサート、大阪・東京で開催 歴代名曲がオーケストラ演奏で蘇る
新海誠作品『秒速5センチメートル』『ほしのこえ』『言の葉の庭』NHK BSプレミアムで放送

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP