ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アサヒビールのユニークなプロモーション!“スロモ動画”を撮影できるブースがロンドンに出現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のビール大手「アサヒビール」が、広告代理店「10x」とタッグを組み、「Asahi Slow-Mo Booth」というユニークなプロモーション活動に取り組んでいる。

・スローモーションの動画を撮影できるブース

プリクラのように、中に入って写真を撮影するブースになっていて、ユーザーは自分たちのスローモーションの映像をキャプチャして、その画像を再生して閲覧したり、SNSで友人とシェアして楽しむことができるという。

・気分は“ビールグラスの中にいるよう”

「Asahi Slow-Mo Booth」は、アサヒの1パイントグラスをモチーフに設計されていて、ブース内に入ると、まるでビールグラスの中にいるような感覚になれる。

1500個の金属リング、7500個のLEDで構成されており、制作には300時間以上を要したという。

内部には最大4人が入れるようになっていて、ポーズを決めたり、踊ったり、ヘン顔をしたり……。ユーザーは好きなようにアクションをする。

・動画はハッシュタグで楽々シェア

撮影された動画はユーザーに送信され、“#AsahiSlowMo”のハッシュタグを使って、そのまますぐにソーシャルメディアでシェアをすることが可能だ。

実は、内部には仕掛けが施されており、入り口の扉の上にトラップが仕掛けられていて、100個のピンポン玉が放出されたり、ビールの香りがする水滴が噴射されたりして、まさに“ビールグラスの中にいるような気分”で楽しめる、遊び心ある楽しい演出が満載。

・世界ツアーの封切りはロンドンから

今後「Asahi Slow-Mo Booth」は世界巡回をおこなう見込みで、まずはロンドンの“Truman Brewery”からスタートするという。

Asahi Slow-Mo Booth

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP