体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】嗚呼、このデミグラスソースの海で泳ぎたい! 絶品オムライスに舌鼓~【ペヒーズ】

f:id:mesitsu_lb:20151127172411j:plain

ちゅ〜っす。

メシ通レポーターのマツータケシです。

突然ですが、ちかっぱ(とっても)幸せな夢を見たとです。なんだか茶色い海を渡っていたかと思うと、そこはデミグラスの海。牛肉エキスがたっぷり染み出たソースが、ウマいのなんの。

ってことで、そいつをいただきながら目指す先は、トロトロの溶岩が溢れる、黄色いマウンテン。そう、そこはオムライスの山!! 上陸していざ頂上へ!

とその前に、「よっしゃっ!」と、腹ごしらえ。巨大なスプーンで卵の山をひとすくいすると、鮮やかなオレンジ色をしたケチャップライスがお目見えです。

「どうせ夢ならば」と、お腹がはち切れんばかりに頬張って、「あぁ〜♪ なんつう幸しぇ〜♪」と、起きたら布団をヨダレまみれにしてしまいました。

ちっきしょ〜!

こんな夢を見てしまっては、居ても立っても居られましぇんっ。

お日さんが沈むころまで待たなきゃならんけど、仕事が終わるや否や、私的福岡一の絶品オムライスが食べられる店へGO!!!!!!です。

f:id:mesitsu_lb:20151127172938j:plain

てなわけで、やってきました薬院のダイニングキッチン『ペヒーズ』です。小さな川の側にあるビルの2階に、店があります。

まずは、お店の紹介。ここに集うお客さんは、実に顔ぶれ豊かで、オートレーサーや競艇選手、プロのダーツ選手や地元で有名なアコースティック・デュオも常連なんだそうです。

ほらっ、カウンターの上を見上げればオートレーサーのサインぎっしり

f:id:mesitsu_lb:20151127170946j:plain

店主も趣味でオートレース(バイクにまたがって実際にコースを走ること)をやるらしく、店にはレース用のヘルメットやライダーススーツが飾ってあります。

賞金ランキング常連のトップレーサや、誰もが知っているであろう著名な選手も来店するとのことなので、会えればラッキー、モンキー、ケンタッキーです!

f:id:mesitsu_lb:20151127173110j:plain f:id:mesitsu_lb:20151127173253j:plain

ほんで、カウンター席ではアコースティック・デュオによる、気まぐれ弾き語りライブが開かれることもしばしばだとか。

突然、ギターが鳴ったかと思うと店に美声が響きます。驚くお客さんもいるそうだけど(笑)、ムードはたちまちアットホームな宴会に。知らないお客さんと肩でも組んで、酔って、はしゃいで……そうやって縁が生まれる、そんな雰囲気のよか店なんです。

この雰囲気を作り上げているのが、“オムライスマン”こと、店主の小山俊平さん(写真右)。

見よ、このファニーな男前ぶり!

そして、縁の下の力持ちであるスタッフの山道拓也さん(写真左)。彼らの大らかで気さくな人柄を目当てに、素敵なお客さんが集まってくるようです。

f:id:mesitsu_lb:20151127170501j:plain f:id:mesitsu_lb:20151127170652j:plain

小山さんは福岡の老舗ダイニングキッチンで修業をし、7年前に独立。

私的には、福岡には本格的な洋食がいただける店が意外と少ない印象なのですが、その数少ない店のひとつがこの店です。

んで、んで、んで、まずは兎にも角にもデミグラスソースを味わってでございます!!!

仕込みにも実に手間がかかっています。

牛骨、鶏ガラ、野菜を焼き上げ、トロ火でじっくり煮込む、という工程を数回繰り返し、およそ2週間かけて仕込んでいくそうです。最後にニンニク、玉ねぎ、牛すじ、ワインを加えて煮詰めて完成。絶品というよりも、味に色気がプンプンと溢れる、べっぴんなデミグラスソースのできあがり!! でございます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。