ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそ松さん似すぎアプリで炎上のカタムスビ 説明ないまま「逃走」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月頭頃からネット炎上していた、アプリ開発のカタムスビが、Twitterアカウントの削除および、公式サイトの事実上閉鎖をしていたことがわかった。

カタムスビは公開していた時点の公式サイト記載情報によると、2015年11月1日設立。「カタムスビ」が会社形態の組織なのかゲームブランド名なのかは一切紹介されていなかったが、Google Playから『トキメキオフィスラブ』をリリースしている。

【関連:絵師は同人作品と聞かされていた!おそ松さん似すぎアプリ炎上で絵師の方が説明】

■炎上の経緯

そんな中、2月下旬頃に公式Twitterを通じ、次回作のキャラクターや設定を紹介。するとあまりにアニメ『おそ松さん』の六つ子達に設定が似ていると指摘が相次ぎ、いわゆる「パクリ騒動」が勃発。

ただし、キャラクターは新たに描きおこされたイラストで、またキャラクター名も別のものだったことから、このまま類似作品としてリリースする可能性も考えられていた。しかし3月4日、イラストを担当した人物がTwitter上で名乗りをあげ、このイラストの使用目的は「同人ゲーム」と聞かされていたと説明しさらに加熱することに。

イラスト担当者の話によると、カタムスビとは前作(トキメキオフィスラブ)からのつきあいで、個人的知人を介して前作のイラスト発注をうけたという。
しかし今作については、知人と個人的な話の中で「同人ゲームを作りたい」という相談があり描き下ろしたものとのこと。「あくまで二次創作物であって、キャラ名まで変えて商業利用されるとは聞いておりませんでした。」と説明し、先方には使用停止を即座に求めたという。するとすぐに謝罪があったとし、「相手様から正式な発表は後ほど頂けると思います。」とも知らせていた。

【カタムスビ公式Twitterに掲載されていたキャラクター設定】
・壮馬:一番上のお兄ちゃん。いつも人を茶化しているようで、ここぞというときには頼りになる。
・千秋:兄弟の順番は三番目。一番常識人に見えて、実は…!?
・翔(かける):ちょっぴりイケイケな次男。かっこつけたがりな言動をよく突っ込まれるけど、本当は誰よりも兄弟想いの優しいお兄ちゃん。
・透(とおる):世渡り上手な末っ子。兄弟では唯一仕事をしている真面目さん。甘えたがりだけど、ときどきあざとく女の子を翻弄することも…?
・一二三(ひふみ):無愛想で口の悪い四男。兄弟相手に辛辣な言葉を吐いたり、他人に対して人見知りをする。だけど本当は誰よりも兄弟想い。
・天使(あまつか):いつもお気楽で正直なにを考えているのか分からない五男。空気を読めていない言動が多いけれど、ここぞというときにはびしっと決める。
※掲載順および文章は原文そのままです。

■説明しないまま「逃走」

イラスト担当者に対し当初一部からは非難の声があがっていたが、自身のTwitter上できちんと説明・謝罪を行ったこと、さらにイラスト担当者も騙されていたという事情もあり、その後擁護する声が集まっている。

対し、カタムスビについてはさらに非難の声が集まることとなり、謝罪や説明がいつ行われるか注目されていた。編集部でもこれまで2度この問題をとりあげ、いつ発表があるか注目していたが、3月9日に確認してみたところいつの間にかTwitterアカウントは削除、公式サイトはコンテンツが全て落とされ緑の画面に。事実上「サイト閉鎖状態」となっている。
おまけに前作『トキメキオフィスラブ』もGoogle Playから削除されていた。 言い方は悪いが、ネットでいう「逃走」という状態だ。しかも全力での。

・カタムスビ公式サイト(http://www.katamusubi.com/
・カタムスビ公式Twitterアカウント(@Katamusubi_info
・Google Play『トキメキオフィスラブ』(katamusubi.tokimekiofficelove

公式サイトは完全閉鎖とはなっていないため、もしかしたらいつか復活することがあるのかもしれない。
しかし、ここまでの対応をした後なので、復活したとしても二度と信頼を取り戻すことはできないだろう。ゲームのようにリセットボタンを押して一からやり直せば良いという訳にはいかないのだから。なんともお粗末すぎる。

(文:HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

マインクラフトの消しゴム「マイケシ」シリーズがバンダイから登場
『魔法少女☆石田雨竜』状態だったパズドラ×BLEACHコラボのスキル名変更
おそ松さん六つ子設定に似すぎアプリ炎上

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP