ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体育館にあった肋木 スウェーデン体操衰退で取り残された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 学校の体育館の壁にあった、あの“謎の大きな梯子”。肋骨のように木の棒が並べられていることから「肋木(ろくぼく)」という名前がある。これは「スウェーデン体操」で用いられるれっきとした運動器具だ。

 スウェーデン体操は19世紀にスウェーデン人の生理学者ペール・ヘンリック・リングが生理学、解剖学の理論をもとに考案したもの。肋木に一定時間ぶら下がった状態で静止したり、ぶら下がった状態から両足を折り曲げたりするなど、かなり負荷の大きい全身運動を行なう。姿勢矯正や体力増強が図れるものとして、第二次世界大戦前には世界各国の軍隊で採用され、40か国で実施された。

 日本へは1902年(明治35年)に伝わった。1926年(大正15年)に施行された「改正学校体操教授要目」に取り入れられ、肋木は全国の小・中学校に設置されることになった。

 しかしその後、スウェーデン体操は徐々に衰退。1971年(昭和46年)には一時、「小学校学習指導要領」に器械運動のひとつとして「肋木」が採用され、復権するかに思われた。が、指導者が育たなかったことなどから、スウェーデン体操はやがて忘れ去られ、肋木だけが取り残された。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
総人口の移民割合 ルクセンブルク42.1%、米13.0%、日1.1%
中国人作家のノーベル文学賞 国家ぐるみでの買収疑惑が浮上
ハーフタレントLiLiCo 下積み時代は5年間車中泊生活してた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP