ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神 明るい金本監督のおかげでムードはいいが動きすぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メディアから聞こえる「今年はイケる!」とされている阪神タイガース。だが、開幕1か月を切ってもスタメンと正捕手が固まらず、打撃は誰かの覚醒待ち、投手も人数はいるが内容が伴わない。

 最大の懸案は、なんといっても新人監督である金本知憲監督の采配だろう。これについてはOBの間でも意見が分かれている。元監督の藤田平氏はこういう。

「明るい金本監督のおかげでムードはいい。鳥谷(敬)なんて昨年までとは別人のように声を出して元気にやっている。この監督を胴上げしたいと思える監督なんやろうね。期待してもいいと思うよ」

 同じ元監督の安藤統男氏も、

「今年のセ・リーグは団子状態で、全球団にチャンスがある。阪神のAクラス入りも十分あると思う」

 しかし、阪神の優勝監督でもある岡田彰布氏は慎重な見方だ。

「ちょっと金本監督が動きすぎやね。呉昇桓が抜けたとはいえ阪神にはまだAクラスで戦う力はある。そんなに変革、変革と強調する必要はない。あんまり変えたらそれまでの監督に失礼やろ。何事もいきなり大きく変えて、うまくいくことは少ない」

 実は金本監督には嬉しくない事実がある。

 1985年の日本一達成以降、阪神で就任1年目の監督でAクラスになった例は一度もない。それどころか新任監督は9人中4人がリーグ最下位に終わっている(1988年村山実、1990年中村勝広、1996年藤田平、1999年野村克也)。

 話題性のある新監督という点で、今年は2002年の星野阪神に似ている。あの年はオープン戦で快進撃を続け、開幕から球団記録タイの7連勝でスタートを切ったものの、最終的にはBクラスの4位。その翌年にはリーグ優勝を果たしたが、原動力になったのは、オフにFAで広島から獲得した金本知憲だった。

「3年後を見てください」という金本監督。阪神ファンは、じっくり長い目で見てくれるかどうか。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
勝谷誠彦氏 ぬるま湯体質の阪神を変えられるのは掛布監督だ
城島とブラゼルの一塁争い「通訳介すからブラゼル外し易い」
正捕手問題が深刻化する阪神 打撃も誰かの「覚醒」待ち

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP