ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たけし主演作でヒロインの忽那汐里のクールな表情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『女が眠る時』の初日舞台挨拶が2月27日、丸の内TOEIで開催され、キャストのビートたけし(69才)、西島秀俊(44才)、忽那汐里(23才)、小山田サユリ、ウェイン・ワン監督(67才)が登壇した。

 ビートたけしにとっては自身の監督作以外では12年ぶりとなる主演作。舞台挨拶では「最近の日本映画は、あまりにもエンターテインメント性を重視している」と厳しい言葉も飛び出した。

 たけし以外の4人は、第66回ベルリン国際映画祭に参加。現地で選んだという、鹿の頭のオブジェなどのおみやげを、たけしに手渡していた。

撮影■小彼英一

【関連記事】
たけしに産毛そられる? 映画ヒロイン忽那汐里が美脚を披露
『海街diary』出演3人の美女 たけしとコマネチ
12年ぶりたけし主演作 会見で見せた忽那汐里のシースルー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP