ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きみまろ「夫婦川柳」傑作選 【中高年あるある編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お待たせしました! 春の訪れとともに、あの季節がやってまいりました。花粉症? 加齢臭? 違います! 「夫婦川柳」で大爆笑する新たなシーズンの到来です。皆様の熱いご支持のおかげで、続々増刷中の第1巻に続く新刊が出版の運びとなりました。題して、『きみまろ「夫婦川柳」傑作選2』……そのまんまですが、今回はその収録作品の中から、「中高年あるある」の傑作を紹介しましょう。

【俺ハーフ 父は痛風 母糖尿】

 芸能界ではハーフタレントが大活躍です。私は両親とも鹿児島県人で、若い頃は「生粋の薩摩隼人だ!」と自負しておりました。しかし、中高年になった今、「ハーフになってしまった」と痛感します。

 ジョギングや階段を上ると息苦しくなって、「ハー」「フー」の連発なのです。しみじみと、歳は取りたくないと思います。父親の持病は痛風で母親は糖尿。50歳を過ぎて「受け継いだんだ……」と実感するご主人も多いはずです。でも、恨み節はいけません。ご両親には感謝です。痛風のお父さんの誕生日に心を込めて歌いましょう。「ハッピ・バースデー・ツーフー♪」

 糖尿病のお母さんにもですか? 島倉千代子さんの『糖尿(東京)だョおっ母さん』がいいと思います。

【イケメンの 亭主もいつかは フケ(老け)メンに】

【「フサメン」と 呼ばれたダンナが 「ブサメン」に】

【「キラメン」と 思った夫も 「ヅラメン」に】

「歳を取ったなぁ」と落ち込んでいるご主人に、奥様からの三連続パンチです。「かっこ良くて、髪の毛もフサフサ。キラキラしてると思ってたのに、いつの間にか、不細工な“ブサメン”で、カツラをかぶる“ヅラメン”。これって、詐欺よ!」。私、きみまろ、全国のご主人を代表し、謝ります。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
綾小路きみまろ 祖母に「姥捨山読んで」とせがむ鬼孫を語る
『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』発売 「緊縮家計編」の傑作
きみまろ川柳最新作「早過ぎる! 8.6秒 バズーカー?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP