体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お家の窓が「世界の様々な風景」に!毎日が旅に行きたくなる”デジタル窓”が日常を変える

元任天堂社員の2人が、2014年に京都で設立したアトモフ株式会社。

そのアトモフ株式会社が、アメリカのクラウドファンディグサイトKickstarter(キックスターター)にて、世界初のデジタル窓「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」の先行予約を開始しました。

 

2月末現在、支援者の数は353人、支援金は16万1459ドル(約1 840万円)にも及んでいます。

Co-founderの姜京日氏と中野恭兵氏は、以前まで任天堂株式会社にて、ネットワークサービスやユーザインターフェイスなどのシステム開発を行っていたそうです。

世界初のデジタル窓とは、一体何なのでしょうか?では早速、その魅力に詳しく迫ってみましょう。

 

⒈世界の絶景をあなたに

atmoph_living-970x647-c

Photo by www.digitaltrends.com

Atmoph Windowは、壁にかけたりデスクに置くだけで、世界の様々な風景を楽しめるデジタル窓です。

美しい映像と音が流れ、まるでその風景が眼の前にあるかのような気持ちになれます。

 

Atmoph Windowのデザインは、非常にシンプルがらとても洗練されています。フレームの色はオーク、ウォールナット、ホワイト、ブラックの4色から選ぶことができ、どの色もとても上品。

部屋の雰囲気を損なわないので、どんな部屋にも似合うのが魅力です。

 

⒉美しすぎる4Kの景色

photo_main

Photo by www.digitaltrends.com

Atmoph Windowで流れるのは、独自に4Kで撮影されたという美しい映像。

しかもなんと、世界中から200本以上の風景ラインナップを予定しているそう。多様な風景の中から、気分に合わせて選べるのが嬉しいですね。

 

高性能マイクを使って録音したというリアルなサウンドを流すこともでき、臨場感は抜群。

さらに、自分で撮影した動画を手軽にアップロードすることで、お好きな映像を流して楽しむこともできます。

 

⒊変わる風景

atmoph_alarmclock-970x647-c

Photo by www.digitaltrends.com

Atmoph Windowの風景は、時間と共に切り替えることもできます。

朝は森林、昼は海岸、夜は街の夜景、就寝時には暗くするといったように、自分のスケジュールに合わせて風景の変化を楽しむことができます。

 

しかも、自動で映像を変えるよう設定できるので、毎回手動で切り替える必要がありません。デジタルな窓を普通の壁にかけるだけで、部屋に開放感が生まれます。

 

⒋便利な機能満載

howto_info
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。