ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】リアーナが3週目の1位を死守、ケリー・クラークソン&フィフス・ハーモニーがTOP20圏内に初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】リアーナが3週目の1位を死守、ケリー・クラークソン&フィフス・ハーモニーがTOP20圏内に初登場

 自身14曲目のNo.1獲得となった、リアーナの「ワーク」が通算3週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 アメリカに続き、カナダ、フランスでもNo.1を獲得した、リアーナの「ワーク」。今週、さらにポイントを伸ばした要因として、2月24日に開催された【ブリット・アワード2016】でのパフォーマンスが話題を呼び、デジタル・セールス(売上)がアップ、公式ビデオも8600万回視聴を記録し、【ブリット・アワード】での歌唱動画も、2000万回に届くストリーミング・ポイントを獲得したことだろう。UKでも2位まで上昇中、首位獲得も目前といったところだ。

 8位に初登場したのは、ケリー・クラークソンの新曲「ピース・バイ・ピース」。昨年春にリリースされた7thアルバム『ピース・バイ・ピース』(最高位6位)から、3rdシングルとしてカットされたタイトル曲で、2月25日に、ブレイクのきっかけとなった『アメリカン・アイドル』で披露したことが、番組中、そして番組終了後のSNSなどを中心に「絶賛」と話題を呼び、iTunesチャートで一気に首位まで到達するという、スピード・ヒットを記録した。

 この曲は、現在第二子を妊娠中のケリーが、夫への感謝と、幼少期に去った父について綴ったナンバーで、パフォーマンス中には、ケリーが感極まって涙し、声を詰まらせると、審査員であるキース・アーバンやジェニファー・ロペスも、涙なしには観ていられなかったほど、インパクト絶大のステージだった。アデルの「ハロー」(今週位)が大ヒットを記録したのも記憶に新しいが、次のバラードNo.1ヒットとなるのは、この曲かもしれない。

 TOP10内、新たにランクインしたナンバーがもう1曲。ルーカス・グラハムの「7イヤーズ」が、先週の12位から9位へランクアップし、自身初のTOP10入りを果たした。リアーナの「ワーク」をおさえて、UKチャートでは4週目の首位獲得、出身地であるデンマークでは、5曲目のNo.1をマークし、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランドなどでも、首位をキープし続けている。人生をテーマにしたこの曲、ケリー・クラークソンもそうだが、今年はこういったミッドテンポの“泣かせ”系メロウが流行する傾向にあるのかもしれない。

 12位に初登場したのは、昨年「ワース・イット」が大ヒットを記録した、ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニーの新曲「ワーク・フロム・ホーム」。ラッパーのタイ・ダラー・サインをゲストに迎えた最新のR&Bトラックで、2月26日に公開されたビデオは、2700万回視聴を突破、デジタル・セールスも好調で、自身最高位でのデビューを果たした。この曲は、3月20日にリリースされる2ndアルバム『7/27(セブン・トゥエンティー・セブン)』からの先行シングルで、次週、さらにポイントを伸ばして上昇すれば、シングル曲としては初のTOP10入り、そして「ワース・イット」で記録した最高位12位を超え、自己最高位をマークすることになる。アルバム『7/27(セブン・トゥエンティー・セブン)』の国内盤は、5月20日発売予定。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

3月19日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
3月19日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
リアーナが【グラミー賞】パフォーマンスをドタキャン、会場入りはしていた

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。