ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAT-TUN「UNLOCK」、セールス大差を守り、μ’sを押さえてビルボード総合首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー10周年を控え、連続リリース中のKAT-TUN「UNLOCK」が、前月リリースの「TRAGEDY」に続き、シングルリリース週で総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。シングルは16万枚弱を売り上げ、2位のμ’s 「MOMENT RING」とは約6万枚の大差を付けた。また、前作「TRAGEDY」よりもTweet数が倍増していて、ファンを中心に注目度が拡大傾向にあることが分かる。また、μ’sのファイナル「MOMENT RING」は、ダウンロードでもポイントを積み上げたが、Twitterが伸びず、KAT-TUNとのセールス差を覆すに至らなかった。

 前週約50万枚を売り上げた嵐「復活LOVE」は、シングル・セールスこそ3位と落ち着いたが、PCの読取回数によるルックアップで1位、ストリーミングでも3位など、まだまだ複数のデータで強く、総合3位に留まっている。

 前週70位のSMAP「世界に一つだけの花」は、リリース日の2003年3月5日がちょうど今回の計測週にあたったこと、またサウンドスキャン調べによる全国推定売上枚数がトリプル・ミリオンを達成したことがTweet数と販売数の増加に繋がり、Twitterで1位、シングル・セールスで15位をマークして、総合7位にジャンプ・アップした。

 BIGBANG「BANG BANG BANG」は、前週に引き続き週間動画再生回数が160万回を超えて1位、ダウンロードで11位、ストリーミングで4位とデジタル領域での強さを維持、総合Hot100で12位から8位に順位を上げている。

◎【JAPAN Hot100】トップ20
1位「UNLOCK」KAT-TUN
2位「MOMENT RING」μ’s
3位「復活LOVE」嵐
4位「明日への手紙」手嶌葵
5位「Yell」超特急
6位「みんながみんな英雄」AI
7位「世界に一つだけの花」SMAP
8位「BANG BANG BANG」BIGBANG
9位「Wherever you are」ONE OK ROCK
10位「いつか見た虹のその下で」アフィリア・サーガ
11位「PERFECT HUMAN」RADIO FISH
12位「FLY HIGH!!」BURNOUT SYNDROMES
13位「SUN」星野源
14位「No more」EXILE ATSUSHI + AI
15位「スミレ」秦基博
16位「365日の紙飛行機」AKB48
17位「トリセツ」西野カナ
18位「海の声」浦島太郎(桐谷健太)
19位「KNOW KNOW KNOW」DOES
20位「QUARTETTO」NEWS

関連記事リンク(外部サイト)

3月14日付 Billboard Japan HOT 100
デビュー10周年ひかえるKAT-TUNがビルボード週間チャート1位、μ’sファイナルシングルやアイマス関連作も大健闘
三浦大知 UTA×Seiho共同作「Cry & Fight」MV公開 Shingo Okamotoら総勢13名の日本を代表するダンサー出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP