ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野菜をたっぷり使った餃子と胡椒を使わないタンメン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月8日放送の「バイキング」(フジテレビ系、午前11時55分~)では、早くてウマいお店を特集したコーナーで橋爪功さん、林家正蔵さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富澤たけしさんが「餃子の王さま」(東京都台東区)を訪れた。

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩3分ほどにある同店では、1954年創業から守り続ける伝統の味が楽しめる中華料理店だ。
注文をしてから3分20秒程でテーブルに運ばれてきた「王さまの餃子」と「タンメン」を紹介。「王さまの餃子」はきゃべつ、ニラ、生姜、ニンニク、少量の豚ひき肉を餡にし、手作業で皮に包む。主に野菜を使用しているので焼き上がる時間が早く、野菜の旨味がぎゅっと詰まったヘルシーな餃子だ。さっそく餃子を食した橋爪功さんは「オーソドックスな餃子」、続いて林家正蔵さんが「古き良きって感じ。」とコメントした。
「タンメン」は太麺を事前に軽く茹で、水でしめる下ごしらえをしておくことでゆで時間を短縮しており、胡椒を一切使用しない優しい味わいのスープに太麺の歯ごたえが良く合う一品だ。林家正蔵さんは麺をすすりながら「ウマい。相も変わらずウマいよ。」と感嘆の声を上げた。橋爪功さんは「本当に味が優しい。」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:餃子の王さま(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×中華のお店一覧
野菜の旨味がつまった「ねぎ肉イタメ」とやわらか「カツライス」
できたて豆腐と豆腐で出来たティラミス

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP