ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、SoftBank・Y!mobile以外でも利用可能な災害発生時の安否情報共有サービス「みまもりマップ」を5月に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 3 月 8 日、SoftBank や Y!mobile 以外のキャリアユーザーでも利用可能な災害発生時の安否情報共有サービス「みまもりマップ」を 5 月より提供すると発表しました。「みまもりマップ」は、スマートフォンの位置情報を家族と共有して地図上で確認し合えるサービスです。メイン機能は、家族グループの作成とそのグループ内での位置情報の共有、設定したエリアの出入り時に通知、災害発生時の安否情報(無事や危険など)の設定と共有、SOS ブザー(アラーム、他のグループの地図に SOS を表示して救援を要請)です。サービスは Android / iOS 向けアプリとして提供されます。利用料は無料です。他社スマートフォンで利用する場合はグループ管理者となった SoftBank または Y!mobile ユーザーから家族グループに招待される必要があります。Source : ソフトバンク

■関連記事
OPPO R9 Plusのスペック情報、Snapdragon 652を搭載
ZenFone 2シリーズでログファイルがGB単位にまで肥大化する現象が発生
プラスワン、LINE / WhatsApp / WeChatの一部データ通信料を無料に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP