ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

化粧水で逆に乾燥しちゃうことがある。広告表示の罠にご注意!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性なら誰もが憧れるツヤツヤのお肌。乾燥対策に化粧水をたっぷり使う人も多いと思います。無添加思考から「パラベンフリー」や「防腐剤不使用」の商品に手が行きがちですが……。これらの商品で逆にお肌が乾燥しやすくなる場合もあるので注意が必要です。

パラベンは危険な成分なのか?

パラベンの正式名称はパラオキシ安息香酸エステルといい、飲料や食品・医薬品・化粧品の防腐剤として用いられているもの。2001年まではアレルギーを引き起こす可能性のある表示指定成分だったため「パラベンは使用していません」と表記されていたものがいつの間にかパラベン=有害物質という誤解を生むことになってしまいました。単独で高濃度のパラベンを長時間使用するとアレルギーを起こしたり紫外線に反応して細胞に悪影響を及ぼすという実験結果がありましたが、現在の化粧品にそのような高濃度のパラベンは使用されていませんし、多くの生体内テストでその安全性はクリアされています。

無添加だから安心とは限らない

スキンケア製品でも「パラベンフリー&100%天然由来」という表記を見かけます。なんだかお肌には良さそうですよね。しかし使い切りのタイプで無い場合は腐敗や酸化の危険があるため、何らかの形で防腐剤代わりの成分を入れなくてはなりません。多くの場合、フェノキシエタノールという天然成分が使われますが、パラベンと同等の防腐効果を得るには3倍の量を使用しなくてはなりません。天然由来成分であろうと、多量に使えば毒性が強くなってしまうのです。防腐効果が少ないだけなのは問題外で、腐敗したりカビが生えた化粧水がお肌に与える影響は考えただけでも恐ろしいですね。

保湿化粧水なのに乾燥することも……

保湿剤として化粧水に配合されている成分にグリセリンやBGがありますが、無水エタノールを高配合している製品もあります。これは無水エタノールによる防腐剤不使用と浸透力を演出するためだと言われていますが、実際のところは無水エタノールの「揮発性」を利用したマジックのようなもの。無水エタノールはアルコールに似ていてすぐに蒸発する特性があります。肌に乗せてもすぐに吸い込まれてなくなると感じるため浸透が早く思えますが、本当は周りの水分も巻き込んで蒸発しているだけなので、結果的に乾燥してしまうというわけです。

保湿化粧水を使っているのに乾燥する場合は、油分もしっかり塗ることと、化粧水の成分をチェックしてみると良いかもしれませんね。

writer:しゃけごはん

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP