ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バブル期上回るマンション価格、その頂点を見極める3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バブル期上回るマンション価格、その頂点を見極める3つの方法

新築マンションの気になる価格上昇

マンション価格が上昇しています。昨今の新築マンション市場では、供給戸数も大きく減少しています。
2015年の首都圏マンション発売戸数は前年比約10%減少、10年前と比べると約半分です。その上、今回の発表では成約率も60%前後と落ちてきました。
気になる良くない兆候です。しかし売れ行きに勢いがなくても、すぐに安くならないのが新築マンション。
昨今は復興需要などの職人不足、今後は消費増税、杭データ偽装事件対策の規制強化など、新築マンション価格に上昇圧力が続くでしょう。

中古マンション市場も、新築につられる形でここ2年ほど価格が上昇しています。筆者のところにも最近、「中古マンションを売りたいのだが?」という相談が増えています。
どこまで上がるのか?いつか弾けるのか?東京オリンピックを控え、今後の展開に気をもむ人も多いでしょう。

こんなサインでバブルが弾ける

ところが不動産の市場が急変する際には、一定のサインがあります。地震のように突然でも、株式や為替相場のように突発的でもありません。筆者は、次の3つの兆候を見逃さないようにしています。

1.最初のサインは「株式市場の急落」
不動産投資は数年、数十年単位の長い目で運用します。そして株式はその日に売却できますが、不動産は売るのに時間がかかります。資金繰りに困る投資家は、まず株式から売却しますから、不動産市場の急変の数か月前に、株式市場の急落が起きるのが普通です。
そういえば、年明けから株式市場は急落していますので、今後不動産市場も要チェックです。

2.プロの動きを見る
一般の投資家に比べ、プロの不動産投資家の動きは迅速で機動的です。そのプロの動きを察知できるのが、J-REIT市場です。ここでは値動きよりもJ-REITに新たに組み込まれる不動産の状況に注目しましょう。公表されている資料を分析することで、不動産市況の変化を捉えることができます。
過去を遡ると2006年、不動産市場が活況を呈していた時、年間2兆円あまりの不動産がJ-REITに組み込まれました。そこでピークとなり、2年後にリーマンショックが起きています。直近では2013年に約2.2兆円のピークが来ました。現在、偶然にも2年が経過してしまいました。

3.金融引き締めが決定打
ただ、それだけでは市場は崩壊しません。資金繰りに困り、不動産を売る人が殺到する状況になることが必要です。そこにトドメを刺すのが金融、不動産は借金をして買うのが普通です。残債があるのに、ある日突然銀行から「返せ」と言われたら、不動産を売って返すしかありません。
バブル崩壊のきっかけは総量規制、リーマンショックではその名の通り銀行そのものが潰れました。当時、銀行の貸し渋り、貸し剥がしの姿勢が社会問題となりました。
しかし現在、日銀のマイナス金利導入をはじめ、積極的な金融緩和が行なわれています。その点安心できますが、持ち直す前に金融政策が変化して銀行が貸金回収に舵を切れば、市場は一気に悪化します。

相撲に例えれば俵一本残して踏ん張っている不動産市場、最後に、相場は神のみぞ知る、投資判断は自己責任で行ないましょう。

(中山 聡/一級建築士・不動産鑑定士)

関連記事リンク(外部サイト)

今買うべきはここ!値上がり必至の不動産穴場エリア
この道40年、ベテラン不動産屋がつぶやく「家なんて買うもんじゃないよ」、そのワケは?
カジノ誘致が不動産価格に与える影響

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。