ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここは日本?日本固有の仮面神や鬼をYOKAIとして発表、シャルル・フレジェ「YOKAINOSHIMA」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

銀座メゾンエルメスの8階のギャラリーにて、フランスの写真家シャルル・フレジェの個展【YOKAINOSHIMA】開催中です。

彼の代表作『WILDER MANN』ではヨーロッパ各地の伝統的な祝祭の儀式に出てくる動物や、キャラクターに仮装した獣人を撮ったもので、一度見たら強烈な印象を受ける作品たち。雑誌やメディアで多く取り上げられ、覚えている方も多いのでは?

そして今回の個展では、日本全国58ヶ所で撮影された日本の伝統的なものから、その地域の人は慣れ親しんで入りキャラクターなどを撮影し、YOKAIとして発表しています。

ご存知、なまはげ。秋田県にて。幼い頃に怖くて泣いた人もいるでしょう。

これは鷺をかたどった被り物をを付け、舞う鷺舞の衣装。島根県で7月に行われます。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

と、なんとなく聞いたことあるものや、知らなかったものなど、写真の面白さもありますが、日本再認識もできてしまう興味深い展覧会。日本の神秘、伝統の素晴らしさ、感じることが山のようにありそう!

詳しくは、銀座メゾンエルメス公式サイトへ。
銀座メゾンエルメス

画像:©Charles Freger

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「千と千尋の神隠し」の原点。遠山の霜月祭りが始まった!
和裁生活のススメ。仕立て屋さんに習う和雑貨教室が新宿に開講
カッコよすぎだろーーっ!今回もスゴい、男着物ブランド「和次元 滴や」の羽織もの新作発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP