体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【転職したい】たった3ステップでOK!好きなことを仕事にするためにやるべき事まるわかりガイド ~ステップその3~

f:id:keimanahensyu:20160304184601j:plain

“転職するなら、好きなことを仕事にするのが幸せ――”。それって確かにステキな働き方だけど、「好き」が見つからない人にはピンとこないですよね!?

そこで「好き」を見つけて仕事にするまでのやるべき事を3つのステップに分けてご紹介。最終回の「ステップ3」として、「転職準備から円満退職までの方法」を、実際に好きなことを仕事にした先パイのアンケートなどと共に、順を追ってお教えしちゃいます!

①条件がそろったところで さあ、応募してみよう

応募で必要な履歴書などの応募書類。デザイナーなど、作品が提出できる職種なら事前に用意を。また第一印象をよくするために身だしなみを整えて。応募と言っても、いろんなルートがあるので次の内容をチェック!

こんなにある!応募ルート

・応募ルート①「公募に応募する」

一般的に知られているのが求人情報サイトなどで行われる公募。それだけに競争率も高くなることが多いようだ。

・応募ルート②「スクール経由で紹介してもらう」

卒業生の活躍の実績から、未経験OKの求人がスクールには集まってくることも多く、紹介してもらえることも。

・応募ルート③「人づてに紹介してもらう」

セミナーや知人のツテなどを利用して紹介してもらうケースも。ただ、気に入らない場合には、相手の顔をつぶさずに断るようにするなど、十分な配慮が必要。

・応募ルート④「直接、問い合わせてみて募集が無いか聞く」

いい人がいれば採用したいが、公募を出すほどではない企業でも、問い合わせすれば会ってくれるケースも。

②未経験からの転職で好印象を与える履歴書の書き方

好印象を与える履歴書を書く前に知っておきたいのが、書き方のキホン。忙しい人事担当者は、たくさんの履歴書に目を通す。そのため、読みやすいように丁寧に字を書き、文字の大きさに配慮することが突破の第一歩!

・POINT①

やる気を裏付けられるような資格やアルバイトなど、何でもいいので応募先に関係する経験を記入しよう。

・POINT②

前職での仕事に対する取り組み姿勢で評価されたことを記入すれば、未経験でも好印象につながる可能性も。

・POINT③

異なる仕事でも役立つスキルは必ずある。前の仕事内容と培った経験や

スキルなどを盛り込んで。

・POINT④

客観的に見直すために周囲からアドバイスをもらうのも◎。推敲を重ね

れば重ねるほどいい仕上がりに。

③面接での基本ポイント3

緊張してうまく話せなくても、人事担当者は慣れているから大丈夫。それよりも質問に対して簡潔にまとめて誠実に答えることの方が重要と言える。ムリしてよく見せようとせずに、等身大の自分で話すように心がけて。

・POINT①

面接官の目を見て、しっかりと話す

・POINT②

自分を良く見せようと無理せず、等身大の自分をアピールする

・POINT③

要点を簡潔にまとめて話すようにする

④今の職場を円満に退職しよう

転職活動がうまくいって、内定が出たら、いよいよ今の職場を辞める準備を始めよう。今までお世話になった職場だから、退職について言い出しづらいかもしれないけれど、だからってギリギリまで秘密にしておくのはNG。ここでは、スマートに退職する方法をご説明。

円満退職のコツ

不満があっても、ぶちまけないのが得策。また繁忙期を避けて、引き継ぎをするなど、迷惑をかけずに退職するのがポイント。

・POINT①「退職の意思表示は、まず直属の上司に口頭で伝える」

辞めると決めたら、まずは直属の上司に報告を。大切な進退について第三者から耳に入ると上司は良い気はしないので十分に注意して。

・POINT②「引き継ぎの為にも、退職日までの期間には余裕を持つ」

次が決まっている場合には、事前に転職先の会社にも十分相談して。しっかりと引き継ぎすることは、円満退職には必須。

・POINT③「最終日まで悪口や文句を言わず、自分の役目をしっかりと果たす」

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。