ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スパイダーマン』シリーズの悪役ヴェノムのスピンオフ映画化、新しい脚本家の起用で復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ソニー・ピクチャーズは、長いあいだ企画中だった映画『スパイダーマン』シリーズの悪役、ヴェノムのスピンオフ作品の製作を急ピッチで進めている。情報筋によると、ダンテ・ハーパーがこの作品の脚本を手掛けるという。

アヴィ・アラッドとマシュー・トルマックがプロデューサーとして、計画が謎に包まれたままの同プロジェクトを監修する。また、パラク・パテルとエリック・ファインマンがコロンビア・ピクチャーズ側の製作を監修する。

ヴェノムは1988年から『スパイダーマン』シリーズに登場している。彼はスパイダーマンの敵役として、また、今回のソロシリーズでは主人公として登場する。元々は悪役だが、最近のマーベル・コミックスの世界では、立派なヒーローとして扱われている。

オリジナルのコミックでは、ヴェノムは宇宙人の寄生生物であり、人間に寄生しなければ生きられない。スパイダーマンのライバルとなる人間に寄生し、信じられないようなパワーを与える。

ハーパーは、米ワーナー・ブラザース製作によるトム・クルーズとエミリー・ブラント主演のタイムトラベルSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の脚本のリライトを手掛けた。

ハーパーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、マネジメント360、リッター・グロスマン・ニコラス・アドラー・アンド・フェルドマンと代理人契約を結んでいる。このニュースは、Hollywood Reporterが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP