体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3/9(木)東京初出店!六本木に誕生の『富士桜高原麦酒』直営ビアバーを徹底レポ!

BeerBar富士桜Roppongi

富士観光開発株式会社(山梨県南都留郡)が製造販売する『富士桜高原麦酒』の直営店「 BeerBar 富士桜 Ropponngi 」が、2016 年 3 月 9 日(木)、東京・六本木にグランドオープンします。一足お先に伺ってきたのでどんなお店か、そのこだわりを徹底レポートします!
富士桜高原麦酒醸造長の宮下天通さん

いよいよ東京進出!東京・六本木で富士桜高原麦酒の樽生が飲める!

場所は、東京メトロ・都営地下鉄六本木駅の6番出口を出るとすぐ目の前という好立地。東京初出店となるこの店舗では、世界に認められた富士桜高原麦酒が最高の状態で飲めるのはもちろん、東京に居ながらにして山梨のさまざまな美味しさを味わえる店として、山梨県産のワインや日本酒なども充実しています。

店舗の名前は「BeerBar 富士桜 Roppongi」。富士桜高原にある醸造所『富士桜高原麦酒』ということはもちろん、山梨の県花である富士桜の名前をつけることで、ビールのみならず、山梨の魅力を伝えたいという想いが込められています。

店舗入ってすぐには白木が美しい 10m のカウンター。そこに、イタリア製のタップが6基設置されています。この店の為に黒をふいたという珍しい形状のタップは、店のアクセントにもなっています。

ここでは常時 12 タップの樽生を用意。富士桜高原麦酒の定番 4 種と限定 2 種の他に、本場ドイツビールなど海外ビールが2種、その他エールビールを中心に取り揃え、それぞれ最高のコンディションで提供されます。

富士桜高原麦酒とは

山梨・河口湖の『富士桜高原麦酒』は、ドイツで100年以上の歴史と多くの優れた醸造士を輩出した「デーメンス醸造専門学校」で学んだ技術を基に、1998年から醸造する醸造所です。ピルス、ヴァイツェン、ラオホ、シュバルツヴァイツェンの定番ビールの他に、年間10種類ほどの限定ビールを醸造し、そのビールはビールのオリンピックと言われるワールドビアカップでの金賞受賞をはじめ、ワールドビアアワード世界一、アジアビアカップ17年連続受賞など、世界が認める高品質のビールを醸造しています。

▽富士桜高原麦酒HP: http://www.fujizakura-beer.jp

東京初出店記念醸造『 富士桜Roppongi Draft1(ドラフトワン)』

「このビールは、六本木の “ 6 ” にこだわって醸造しました」と、醸造長の宮下天通さん。
富士桜高原麦酒のヴァイツェンをベースに、香りのホップ「シトラ」と苦味のホップ「マンダリナバーバリア」を絶妙に加えたビールは、柑橘系の華やかな香りにグレープフルーツのような爽やかで心地よい苦味のあるビールです。
宮下天通
そのスペックは、“ アルコール度数6.6% ” “ IBU(国際苦味単位)36 ” “ EBC(ビールの色単位)6 ” と、徹底的に “ 6 ” にこだわったその味わいは、アルコール度数を感じさせない柔らかくて爽やかな大人の苦味のあるおいしさです。「醸造途中で麦汁を味わい、マンダリナバーバリアのホップの量をさらに追加するなどして、飲み終わった後にどれだけグレープフルーツ感の余韻を楽しめるビールにするか、ということに注力した、自慢のビールです」と語ってくれました。
(ちなみに、カウンターのタップの “ 6 ” 基も、こだわりのひとつだそうです)
富士桜ドラフトワン
このビールが飲めるのは、ここ「 BeerBar 富士桜 Roppongi 」と醸造所併設のレストラン「ジルバンズ」でしか味わえない、期間限定のビールです。

1 2次のページ
ビール女子の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。