ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今さら聞けない!「Bean to Bar チョコレート」って、こういうコト(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコレート専門店。店内スペースにてワークショップを開催するなど、新しい“体験型チョコレート店”として話題になっています。

でも、昨年あたりから何かと耳にする話題ですが、実はよくわかっていない人も多いのでは?まずは、同店HPに掲載されている動画でその内容を理解しましょう!

本当においしいチョコレートは
手間暇かけて作られる。

そもそも「Bean to Bar」とは、カカオ豆からチョコレートバーを作るまでの工程を一貫して行うこと。一つひとつ時間をかけて作られるため、カカオ本来の味を楽しめると言われています。

01.
BEANS

産地によって香りが異なるカカオ豆。マダガスカルやコロンビア、ベトナム、ホンジュラス、ブラジルなど各国から高品質なカカオ豆を選んで仕入れます。

02.
SORTING

たくさんのカカオ豆の中から、形や大きさ、状態の良いものを手作業で選別。厳選されたカカオ豆たちが、これからチョコレートに変身することに。

03.
ROASTING


選び抜いたカカオ豆を焙煎。熱を加えることで皮がむきやすくなり、風味が出てきます。チョコレートの味や香りを左右する大事な作業。

04.
CRACKING


チョコレートにはカカオの実のみを使用するため、機械で豆を細かく砕き、皮を取り除きます。

05.
WINNOWING

送風により、さらに豆の皮を飛ばして実のみに。皮が残るとチョコレートに雑味が出てしまうため、風量を調整して何度も行います。

06.
GRINDING


皮を取り除いた豆を挽き、ペースト状に。すり潰した実から油分が出ることで、だんだん柔らかく滑らかになっていきます。

07.
MELANGING
&
CONCHING


滑らかな食感と良い風味を引き出すため、石のローラーでより細かい粒子に。砂糖を加え、味も整えます。約1週間かかる作業。

08.
BLOCKING

液状になったチョコレートをバットへ。1ヶ月ほど寝かせることで、チョコレートの風味を馴染ませます。

09.
TEMPERING

寝かせたチョコレートの状態を良くするため、一度45〜50℃に溶かし、その後32℃へ。この温度調整がツヤや滑らかな口どけを生み出すことに。

10.
MOLDING


温度調整したチョコレートを、すぐ固まらないよう熱風で温めた型へ流し込みます。その後、冷やして固めれば、いよいよ完成間近!

11.
WRAPPING

固まったチョコレートを型から外し、一つひとつ丁寧に紙で包みます。

こうして完成するのが
コチラ!


「green bean to bar CHOCOLATE」のBar(板チョコ)は全11種類。ボンボンショコラは9種類を用意しているのだそう。オリジナルパッケージも味があって素敵です。

カカオ豆と砂糖のみを使って作られるナチュラルなチョコレート。気持ちのこもった丁寧な商品は、ホワイトデーのプレゼントにもぴったり!

【店舗概要】
green bean to bar CHOCOLATE
・住所:東京都目黒区青葉台2-16-11
・営業時間:11:00〜21:00
・定休日:水曜
・アクセス:東急東横線 中目黒駅徒歩10分
・公式HP:http://greenchocolate.jp/

Licensed material used with permission by green bean to bar CHOCOLATE

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
「主役は私たち全員だ」2020年東京オリンピックのポスターが熱い!
【リアルすぎて笑えない】SNSに「取り憑かれた男」の悲しい結末。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。