ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「財布がない!?」。顔面蒼白トラブルからあなたを救う、”絶対に忘れない財布”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普段、持ち歩く物のなかでも、忘れたり失くしたりすると困るものナンバーワンといえば、やっぱり「お財布」。各種クレジットカード利用者も年々増えているし、マイナンバーカードの配布もスタートした。これらの個人情報が詰まった財布を紛失した状況を想像するだけで、正直ぞっとしてしまう。にもかかわらず、「トイレに置いたまま出てきてしまった」「飲み会帰りで失くしたことに気づいた」など、お財布トラブルはなくならない。

絶対に忘れないスゴい財布が登場!

「Walli」なら、そんなピンチも回避できそうだ。革製の財布と専用アプリが連動するこのアイテム。Bluetoothに対応し、持ち主が財布から遠ざかるとスマホに通知を送って注意を促してくれる。万が一財布を落としてしまっても、遠ざかる前に通知してくれるので、あとになってから「どこに落としたかわからない」「もう飛行機乗っちゃった……」といった事態も防げるというわけだ。

財布そのものを失くさなくても、クレジットカードや定期券を入れ忘れてしまうケースもあるだろう。駅についてから定期券を家に忘れたことに気がつく、お店にクレジットカードを忘れる……これってかなり面倒だ。そうしたカードの紛失を防ぐため、「Walli」は財布のポケットをスマート化し、普段入っているカードがないことを感知。アプリを介して通知してくれる「SecurePockets」という機能を持ち合わせている。これには開発メーカーの独自技術が用いられており、特許出願中とのこと。

財布からスマホを探せる!?

逆に、財布は持っているのにスマホが見当たらないという場合にも「Walli」は役に立つ。部屋の中など、スマホが近くにあるときは、財布を2回タップすれば、サイレントモードにしていてもスマホのアラームが鳴り、見つけることができる。

「RFID」保護機能つきで、セキュリティも万全

もっとも嬉しいのは、「RFID」保護機能がついていること。「RFID」とは、非接触型のカードなどを専用端末にかざすことで情報の読み込み、書き込みができる機能で、キャッシュカードやパスポートに活用されている技術。便利な反面、個人情報漏洩や不正利用の危険が指摘されているけど、「Walli」は電磁波を通さない仕様で、中に入っているカード類を不正にスキャンされるといったリスクからあなたを守ってくれるのだ。

「あなたのそばを決して離れない」スマート財布

いくら機能面に優れていても見た目が悪いとね……という人もご安心を。こちらコンパクトな二つ折りのフォルムで、上着やボトムスのポケットに出し入れしやすく、カラーも黒を基調としたブルーかグリーンのラインが入ったシンプルなデザインで、なかなかオシャレ。ビジネスシーンでも違和感はない。新たにブラウンの発売予定もあって、女性にもユーザー層を広げる狙いがあるようだ。

セキュリティ意識がますます重要になってきた昨今、「あなたのそばを決して離れない」Walliは、財布を忘れがちな人にとって欠かせないガジェットになりそうだ。筆者と同じく「うっかりさん」はIndiegogoでぜひチェックを。

関連リンク

Walli
Walli(Indiegogoページ)

関連記事リンク(外部サイト)

「電子レシート」でパンパンに膨らむ財布とサヨナラ
目分量であげてない? わんこのごはんあげ過ぎを防ぐ「スマート皿」
旅の「おトク」を見逃さない! キャッチしたおトク情報をすぐさまスマホに通知

明日をちょこっとHAPPY!にするデジカル系情報マガジン TIME&SPACE(タイムアンドスペース)
TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP