ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一合炊き容器vs土鍋vsフライパンvs格安炊飯器、ひとり暮らしのベストな炊飯はどれ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人にとって欠かせない炊飯器。最近では10万円以上する高級炊飯器が人気と聞くが、学生や20代のひとり暮らしには厳しい……。そこで、自宅でご飯を炊く場合、どれがうまいのか、手間がかからないか、それぞれの方法を比較してみたい。

今回試したのは、電子レンジで使える一合炊き容器、フライパン、土鍋、格安炊飯器の4つ。それぞれの所要時間、手順、味はどのように違うのかを実際に試してみた。炊飯方法以外でなるべく味に違いが出ないよう、米は同じ米袋のものを1合ずつ、水も同じミネラルウォーターを使用した。なお、味の判定は個人的な好みや主観が入っているので、ご容赦を。

今回使用したアイテム。右上から、土鍋、一合炊き容器、格安炊飯器、そして手前がフライパン一合炊き容器

【手順】
1)米を研ぎ、水を指定の線まで入れて、5分ほど水に浸す。
2)電子レンジに10分かける。
3)20分蒸す。
実際にかかった時間:(浸水から炊きあがりまで)35分

【感想】
芯もべたつきもなく炊きあがる。味も可もなく不可もなく……といったところ。ただ、米の味があまりしないような気がするのは、気分の問題だろうか?フライパン

【手順】
1)米を研ぎ、水200mlと一緒にフライパンへ入れる。
2)ふたをして強火にかけ、水を沸騰させる。沸騰したら、弱火に5分かける。
3)火を止め、10分そのまま蒸す。
実際にかかった所要時間:(火にかけてから炊きあがりまで)15分

【感想】
べたつきはないが、少し芯が残ってしまった。米を炊く前に、一定時間水に浸すべきだったかも。テフロン加工のおかげか、おこげもなくキレイに炊くことができた。こびりついていないので、洗うのも楽。土鍋

【手順】
1、米を研ぎ、水200mlと一緒に土鍋に入れ、5分ほど放置。
2、ふたをして強火にかけ、水を沸騰させる。沸騰したら、ふたをはずし、沸騰が落ち着くのを待つ。
3、再びふたをして、蒸気が出なくなるまで弱火にかける。(約10分)
4、蒸気が出なくなったらふたを開け、水気が飛んでいるか確認。飛んでいたら、すぐふたをして、火を止めて10分ほど蒸す。
実際にかかった所要時間:(浸水しはじめてから炊きあがりまで)33分

【感想】
香ばしいかおりがしており、鍋の底にはおこげがついていた。しっかりと米の味がしておいしいが、洗い物が面倒なことに。格安炊飯器

同じような写真が続くが、味には差がある!

【手順】
1、米を研ぎ、水を指定の線まで入れる。
2、炊飯スイッチを押す。
実際にかかった所要時間:(炊飯スイッチを押してから炊きあがりまで)27分

【感想】
おこげのようなものが少し見られるも、芯も残らず普通に炊けている。土鍋ほど米の味が楽しめるわけではないが、十分においしかった。

所要時間でみるとフライパンが最も短いが、手間でみると格安炊飯器に軍配が上がる。個人の好みにもよるが、筆者のなかでは土鍋で炊いたご飯の味が一番だった。日本人の食卓に欠かせないご飯。好みに合わせて、いろいろな炊き方を極めてみるのも楽しそうだ。

(ミノシマタカコ+ノオト)

関連記事リンク(外部サイト)


缶詰を入れて炊くだけで完成!「入れ炊く」が楽ちん&うまい


これからの必需品? 一人暮らしにピッタリの食洗機を探せ


ベランダでお米が作れる!?「バケツ稲づくり」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP