ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭痛にも効果が アロマテラピーが女性の間で密かにブーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

偏頭痛に効果があるという研究も

頭痛は、ストレスや神経の緊張によって、顔や首のまわりの筋肉が収縮し血液の循環が悪くなるために起こります。偏頭痛と呼ばれる痛みは、血管が拡張して炎症し、周囲の神経が刺激されることが原因と言われています。
偏頭痛は特に成熟期の女性に多いとされています。偏頭痛へのアロマテテラピーの芳香浴による作用を調査した研究では、頭痛発作回数は有意に減少し、また、怒りや敵意の気分も有意に低下したという結果が得られました。
今後は発作予防にアロマテラピーの活用が広がることに期待できます。

アロマテラピーがもたらす効果

年齢とともに疲れが取れにくくなって、体のあちこちに不調を訴える人も多い現代。実は体の不調にはストレスが大きく関係しています。
そこで、香りを楽しみながら不調を改善して正常な健康を取り戻すアロマテラピーをはじめてみるのはいかがでしょう。自宅でも簡単にできるので体や心の不安、悩みを自分で解消していきましょう。

アロマテラピーで用いる精油の香りは、脳から自律神経系や免疫系、内分泌系をコントロールする視床下部に影響を与え、心身にいろいろな作用を及ぼします。ただし、どんな香りでも良いわけではありません。
不思議なことに、その時1番好きな香りがその人に最も効果が期待できると臨床的に言われます。
ちょっとした不調は早めに気分転換をして、香りを楽しんでリラックスしてください。

自宅で簡単にできるアロマテラピー

日中張り詰めていたなら夜はリラックスして体を休めることに心がけてください。
このメリハリが心身を健康に保つコツになります。神経の緊張、疲れがたまったときに簡単にできるのがアロマバスや芳香浴です。
好きな香りを吸い込む、深くゆっくりとした呼吸は、神経の緊張をゆるめて痛みを軽減します。痛みを緩和するには筋肉をほぐし、原因として考えられる精神的要因を取り除くことも大切です。首や肩など凝りやハリを感じる場所に植物油を塗布してほぐしていきます。
頭痛や目の疲れにはこめかみに植物油を塗布して優しくなでます。
その他には、タオルの温もりと精油の発する香りを吸い込むだけでリラックスできる温湿布もおすすめです。

精油の香りが嗅覚を刺激すると、香りの信号が脳に伝えられ自律神経をコントロールし、身体の機能が整い不調の改善につながります。
また、心地よい香りが脳を刺激して、楽しい記憶を引き出す、リラックスできる、悲しみに耐えられるようになる、など心理的な効果も期待でき、心や体の落ち込んでいる部分を癒やして盛り上げてくれるパワーを秘めています。
「あーいい香り」と感じたりするのは、その効果を心身が切実に欲しているのかもしれません。

アロマテラピーで健康を維持しながら年を重ねる

日々の健康をキープしながら年を重ねることは、今や重要な課題になっていてTVでも連日、健康番組が組まれています。
自分でできること、家族のために家庭でできる予防や対策にアロマテラピーをお試しください。香りのリラックス作用をはじめ、嗅覚を刺激することによる大きなメリットも発表されています。
是非、ご家族の健康維持に役立てください。

(安芸 幸恵/アロマライフスタイリスト)

関連記事リンク(外部サイト)

タバコをやめる3つの心理テクニック
「運動時間ゼロ」の中学女子、将来の健康リスク
女性に増加する「冬季鬱病」への備え

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP