ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】色男バンデラスがロボットとロマンティックダンス! 近未来SF『オートマタ』本編映像

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ドラマ、アクション、コメディとハリウッドにて縦横無尽に活躍するアントニオ・バンデラスが本格SF映画に初挑戦!!我々の生活に人工知能が深く関わりつつある今、人類と人工知能との「共存」と「未来」を問う近未来リアルスリラー『オートマタ』が現在公開中。

人工知能搭載ロボット“オートマタ”を製造・管理するハイテク企業に務める調査員ジャックを演じるアントニオ・バンデラス。さらにディラン・マクダーモット(『エンド・オブ・ホワイトハウス』)、バンデラスの元妻で、『ワーキングガール』にてゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したメラニー・グリフィスら実力派が脇を固めます。監督を長編デビュー作『シャッター・ラビリンス』(09)がカンヌ国際映画祭新人監督賞ノミネートのスペイン人監督ガベ・イバニェスが務め、その圧倒的なビジュアルセンスは本作でも遺憾なく発揮されている注目作です。

今回、バンデラスとロボットのロマンティックダンスシーンが解禁。
https://www.youtube.com/watch?v=xenKPpm-4P8 [リンク]

人工知能搭載ロボット“オートマタ”が生活に必要不可欠となった2044年の地球。しかし、改造オートマタの存在が発覚。調査員のジャック(アントニオ・バンデラス)はその謎を追い、クリオと呼ばれるオートマタと出会います。ともに砂漠を彷徨い、ようやく辿り着いたロボットたちのアジト。疲れきり、酒を呑むジャックはおんぼろの小屋でジュークボックスを発見。荒廃した大地で音楽は僅かな希望。早速、メロウな音楽が流れ、隣にいたクリオをダンスに誘います。

「君くらい頭がよけりゃ簡単だ」「ワン・ツー・スリー・フォー」と言うと、クリオもおぼつかない足取りでステップを踏み始めます。やがて、ジャックはクリオの手を取り体を揺らし始めます。近づく顔、見つめ合う二人。さらに肩に手を回し、抱き寄せるジャック。やがて「ハアハア」と声が上がり始めるクリオ。心無しか頬を赤らめているようにも見えます。ジャックを見つめるクリオから「私を愛してますか?」と衝撃の一言が!

感情を持たず、人間の指示に従うロボットがついに感情を持ったのか? 人工知能搭載ロボットと人間との共存関係は、感情を持ったことによりどう変化するのか? バンデラスの、相手がロボットでもひるまない色男具合にもご注目を。

『オートマタ』公式サイト
http://automata-movie.jp

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP