ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経験者が教える、ホステル滞在のお役立ちグッズ5選。「しまった!」を回避!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宿泊費を安く抑えられるだけでなく、世界各国からのゲストとの交流が魅力のホステル滞在。しかし、ホテルと比べて設備やアメニティが十分でないことも多いもの。

そこで、後悔しない快適なホステル滞在にするためのお役立ちグッズをご紹介します。

1:マイクロファイバータオル

タオルの用意がない、あるいはレンタルが有料のホステルが多いので、持参するのが賢明です。かさばらないのに吸水力が高く、乾くのが早いマイクロファイバータオルは強い味方。バスタオルサイズよりも、フェイスタオルを2枚ほど用意するのが便利です。

2:石鹸、シャンプー、歯ブラシなどのバスグッズ

これらも用意されていないケースが多く、特に歯ブラシが無料で用意されていることはまずないと考えたほうがいいでしょう。石鹸くらいは置いてあるところも多いですが、必要なものは自分で用意しておいたほうが安心です。

3:南京錠

ホステルは個室でも部屋を施錠できないことがよくあります。相部屋のドミトリーでは、さらに防犯対策が重要となります。

悲しいことに、ドミトリーで盗難に遭ったという話は珍しくありません。ロッカーが備わっているホステルも増えていますが、ロッカーの鍵を自分で用意しなければならない場合もあります。南京錠があれば、ロッカーやバッグを施錠し、貴重品を守ることができます。

4:耳栓・アイマスク

ドミトリーに泊まると、深夜や早朝に同室のゲストが立てる物音に悩まされることが少なくありません。眠りたいときに同室のゲストが電気を消してくれず、寝付けないことも。耳栓とアイマスクがあればこうした悩みをずいぶん軽減することができます。長時間移動の際にも活躍しますので、持っておいて損はないアイテムです。

5:丈夫なビニール袋

ホステルのバスルームはたいてい独立したシャワーブースになっており、シャワーブース内で服を脱ぎ着することになる場合がほとんど。そこで活躍するのが、衣類やバスグッズなどをまとめて入れて、吊り下げるための袋。厚めで丈夫なビニールの袋がおすすめです。

プラスアルファするなら

ヘアドライヤーがないホステルが多いので、必要な場合は海外対応のコンパクトなものを用意するといいでしょう。また、せっかく世界各国のゲストと交流するチャンスですから、折り紙や日本のお菓子などがあるとコミュニケーションに一役買ってくれます。

ホステルで友達ができたら、旅がいっそう思い出深くなりますよ。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP