ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「@」 世界では「カタツムリ」「耳」「象の鼻」等の呼び名

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日常生活ではあまりお目にかからないのが、パソコンを使用しているとしばしば登場するのが「@」だ。「アットマーク」として浸透している「@」にも正式名称がある。世界的に統一されたコンピュータ用の文字コードであるユニコードでは「コマーシャルアット(商売のアット)」という名前がついている。

 元々は商用記号で商品の単価を示す記号として「りんご@¥150」のように使われていた。電子メールが登場すると、自分の所属を表わす部分(ドメイン=@以降の部分)に英単語「at」の意味で用いられるようになった。英語では「at sign」(アットサイン)とも呼ばれる。

 ちなみにこの記号の呼び名は各国で異なる。例えばイタリアでは@の形から連想して「カタツムリ」、そのほかでいえば「アヒルの子供」(ギリシャ)、「耳」(トルコ)、「猿のしっぽ」(ドイツ)、「象の鼻」(デンマーク)などさまざまな通称がある。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
地図とともに日本各地の鉄道を紹介し地形や路線の歴史綴る本
洗濯表示が2016年に一新 22種が41種に増え洗濯機マーク消滅
マツコ・デラックス ラグビー選手とともに十二単姿公開

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP