体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下町の蕎麦屋で絶品”かつ丼ミニセット”を食す! @『藪』神田佐久間町

yabu-katu025_R

最近は食べに訪れる店は必ず事前に、本やネットで調べるのが当たり前になりつつあります。せっかくの食事を残念な気持ちで終わりたくないし、スマホでちょいちょい調べれば色々な情報が手に入ります。

しかし!

この21世紀でも、まだまだネットの検索では簡単に引っかからないような、激レア店も僅かに存在しています。

筆者も久しぶりに予備知識なしの店に飛び込みましたが、まだまだアナログな店も健在であると悟った次第で御座います。

店の雰囲気を察するセンス!

yabu-katu001_R

近くのラーメン屋さんに訪れる予定だったのですが、行列が微妙な長さだったのでスルーした次第です。

するとどうでしょう?

ちょっと渋い、いや相当に激シブな店が目の前にあるではありませんか!

しかも!

yabu-katu000_R

このクラシック感溢れる自転車が、未だに現役で稼働している感じです。コレは名店に間違いない!!

古い道具を愛着を持って長く使い続ける人が作る料理ならば、その味もきっと愛が溢れているに違いないと推測出来ます。

yabu-katu002_R

しかもメニューが筆で書かれていて、ちょいちょい達筆であるぞと。

yabu-katu003_R

予定外ではありますが、この店に飛び込むしかありません!

アナログ全開な『藪』

yabu-katu006_R

あまりに達筆過ぎて”暖簾”の字もいまいち読めなかったのですが、どうやらこの店は『藪』と言う店らしいです。

ちなみに『藪』と言えば、秋葉原にも有名な『かんだやぶそば』がありますが、蕎麦屋の屋号としては有名らしいです。

例えば『砂場』とか『更科』と並んで、3大蕎麦屋号として『藪』が挙げられています。

さらにWikipedia先生によると『かんだやぶそば』『並木藪蕎麦』『池之端藪蕎麦』を”藪蕎麦御三家”として崇めているらしいです。

しかし!

そのようなセレブ蕎麦に興味の無い筆者、今はこの『藪』のメニューをガン見する勢いで御座います。

yabu-katu007_R

ぱっと見た感じは普通のメニューなのですが……。

yabu-katu008_R

裏面は”大盛り推し”なメニューになっていました。これは筆者的には盛らざるを得ない案件ですが、どんだけ大盛り推しなんだよって突っ込みは必須です。

yabu-katu009_R

とは言え、すでに連食3件目なので、冷静な判断としてちょっとライトな

『かつ丼ミニセット』(840円)

を”もり蕎麦”で頂く事にしました。いや、これが2件目くらいならガツンと大盛りを攻めたのですが残念です。

『かつ丼ミニセット With もり蕎麦』を食す!

yabu-katu018_R

レトロな店内で目を閉じ、筆者の料理が運ばれてくるのを待ちます。

yabu-katu004_R

超ベテラン勢で固められた店内は、働く人も超ベテランなら食べに来る人も、かなりのベテランで御座います。

この、ほぼほぼ無言な空気感は、ちょっと重い雰囲気になりますが、ぴりぴりした感じではないので、リラックスしていれば大丈夫です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。