ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つわりはさっぱりアイス&炭酸水で乗り越える!徐々に、気持ち悪さにも慣れました〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分のお腹に新たな命が宿って、ハッピーな気分に浸っている間もなくやってきた、つわり

つわりの時期や度合いは人それぞれでしょうが、私は妊娠発覚からすぐの、5週頃からじわじわと胃のムカムカがやってきました。

まず、おかずになるような肉や魚等の匂いが受け付けられなくなりました。

朝起きた時から気持ちが悪くて、ご飯も作りたくな~い!というか、できない。

数日はほぼ何もせず、夫にはお惣菜を買うか、外食をしてもらっていましたが、さすがに続くと夫に申し訳ないなと、何度も座り込みながら、最低限の家事はやってはいました。

ご飯を作るときの味見もつらかったです。

夫に

「つわりって、どんな感じなの?」

と聞かれて

「二日酔いがずっと続いてるような状態なんだよ…」

と涙目で訴えると、

「なるほど!それはつらいよね。」

と妙に納得してくれました。

夫は、私がつわりの時に食べられた数少ない食品、さっぱり味のアイスキャンディを、よく仕事帰りにコンビニでを買ってきてくれるようになりました。

特に柑橘系や、ソーダ味などがお気に入りでした。

つわりは妊娠5か月くらいまで続いたのですが、それまで結構な頻度でアイスキャンディを食べていたので、なんと妊娠中で3本当たり棒が出ました。

「妊婦さんはクジ運が良い説」を時々耳にしますが、私の場合はどちらかというと、買っていた数も多かったので、それなりの確率だったのかもしれません。

他には妊婦さんの間では王道であろう、無糖の炭酸水がお気に入りでした。

ムカムカの胃に染みわたる、さわやかなレモン風味の美味しさに救われていました。

しかし、アイスキャンディや炭酸水ばかりではお腹の赤ちゃんが心配です。

気持ち悪さにも徐々に慣れてきて(嫌だけど、慣れます!)、何とか自分の食べられる食事をと、少しずつ昔ながらの素朴なビスケットや、コッペパン、おかゆや白米にごま塩…のような炭水化物系を食べるようになりました。

また、徐々にインスタントのお茶漬けなども食べられるようになりました。

妊娠5か月頃には、ほぼ何でも食べられるようになって、

「もうつわりは終わった!」

と思い、妊娠祝いと称して夫とちょっと良いホテルに鉄板焼きを食べに行ったのですが、欲張って高いコースを頼み、もうお腹いっぱい。

そしてまたムカムカがやってきて、あっけなくホテルのトイレで全部吐いてしまったという苦い思い出があります。

夫は、

「あ~あ…もったいない…」

とうなだれていました。

みなさんも、つわりが終わったからといって、欲張って食べ過ぎてしまわないように気を付けてくださいね。

著者:まさみち

年齢:40歳

子どもの年齢:9歳

小学生の母。グータラで忘れっぽい息子は、良くも悪くも自分に似ているなと日々実感します。人を傷付けない笑いが好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

10ヶ月間のつわり、自分を見失う本能剥き出しの日々。理想とかけ離れた妊婦生活
つわり中だから...で許された?実父に顔向けできない汚物処理事件

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP