ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワォ!殿もびっくり!姫路城がプロジェクションマッピングでまるでエレクトリカルパレードのようにド派手に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

修復工事が完了し2015年3月にグランドオープンを果たした姫路城が3月9日まで限定で、大天守に感謝メッセージの投影イベントを開催しています。

「ありがとう」という感謝メッセージを世界各国20言語の言葉で投影するこのイベントなのですが、その文字の投影っぷりが想像をはるかに超えるカラフルさなのです。

投影された姫路城がこちら。

himejijou
これは思い切ったな!姫路城!歴代の殿もビックリであります。

筆者が想像していたのは、こうもう少し粛々と感謝を述べる感じで落ち着いた雰囲気なのかと思いきや、ディズニーのエレクトリカルパレードと肩を並べるほどのド派手っぷりに驚き。

姫路城は派手好きな羽柴秀吉ゆかりの城でもありますし、これはこれで姫路城”らしさ”なのでしょうかね。

この感謝メッセージの投影は3月9日まで午後6時半頃~同10時に1回約2分で繰り返し行われます。

姫路城

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

伝統の抄紙技術に育まれた、感謝を伝えるトイレットペーパー『ありがとうトイパ』
書道×お墓。書道家・武田双雲氏の書をお墓に刻むサービス「双書」
これはwww お正月に「おせちパン」なる仰天の惣菜パンが密かに作られていた件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。