ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「バンクシーの正体を特定」(英・科学者)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定したというのです。え、ホントなの!?

「バンクシー」はこの人!

Geoprofiling finds “good match” for Banksy’s identity https://t.co/3zsiiMNrg1 pic.twitter.com/CP5mC1j143

— BBC News (World) (@BBCWorld) March 3, 2016

人物特定のために採用されたのは、ジオグラフィック・プロファイリングという手法。「BBC」によれば、犯罪学を元にした統計的な捜査方法で、このほか感染症の調査にも利用されているとか。

これによって、これまでに現れた140のバンクシー作品(とされるモノ)の分布図を、ロンドン、ブリストル、それぞれの市内で分析。結果、バンクシーの自宅である可能性が高いとされるホットスポットを検出しました。

そうして焦点が当てられた人物が、Robin Gunningham氏。2008年7月の「The Daily Mail」による報道を筆頭に、これまで何度となく「バンクシーだ」と疑われていた男性です。

真相はいかに!

研究に携わった生物学者のSteve Le Comber氏は、「もともと10人ほど可能性の高い候補者を挙げて精査していく予定だった」とコメント。しかし、どのホットスポットにも共通して関連していたのは彼でした。

もちろん、調査内容には「?」なところも多いため、いまだ確証はありません。しかし、「BBC」によるインタビューによれば、バンクシーの弁護チームから「Journal of Spatial Science」への干渉があり、リリースの公開日が数日遅れたことがわかっている模様。彼らも動揺したのかもしれません。

2016年3月26日から順次公開される映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が話題になっているタイミングということもあり、ギョッとしてしまうニュース。それに、たまたまとは言え、科学者の分析によってまたしても指名されてしまったGunningham氏…。果たしてその真相はいかに!?

Reference:BBC,BBC News (World),The Daily Mail,Journal of Spatial Science

関連記事リンク(外部サイト)

世界の衝撃的な「10の真実」。多くの人は気づいていない・・・
エッフェル塔が緑にライトアップ きっかけは「たった1人のアーティスト」だった・・・
【実験動画】NYの人に聞いてみた。「人生で、一番後悔していることはなんですか?」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP