ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー、オランダ人DJとのプロジェクトが明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーが抱いているダンス・ミュージックに対しての野望は、「ホウェア・アー・ユー・ナウ」でコラボしたスクリレックスとディプロとのジャック・ユーを超え、さらに拡張しているようだ。同ポップ・スターが、オランダ人DJ兼プロデューサーのマーティン・ギャリックスと「いくつかのアイディアに取り掛かっている」というのだ。ギャリックスの代表が3月7日に米ビルボードに対しこれを認めた。

 ジャスティン・ビーバーとのコラボレーションについては、マーティン・ギャリックスが新たに立ち上げたレーベル“STMPD RCRDS”がファンに向けたツイッターの回答のなかで初めて明らかにされた。

 「ジャスティン・ビーバーとの新しいコラボ? それとも噂?」との問いに対し、同レーベルのツイッター・アカウントは「本当だ。いくつかのアイディアに取り組んでいるよ!」と答えている。

 ギャリックスは2013年にジャスティン・ビーバーのマネージャー、スクーター・ブラウンのScooter Braun Projectsと契約しているうえ、最近のビーバーの主軸がダンス・ミュージック作品に傾倒していることからも、この両者のコラボは必然的な流れのように見られている。

関連記事リンク(外部サイト)

トゥエンティ・ワン・パイロッツ 3/9の『スッキリ!!』に生出演&パフォーマンス披露
アンダーワールド 『Mステ』演奏曲目決定!新曲「If Rah」とあの歴史的名曲を披露
元夫と親権争い中のマドンナが息子に捧げ熱唱、「母の愛より強い物はない」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP