ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子の“妄想”を人気漫画家が描き下ろす「ふんわり妄想マンガシアター」が公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サントリーの人気リキュール「ふんわり鏡月」から新たに“ライチフレーバー”がラインナップしたことを記念して、女子の“妄想”をテーマに、浅野いにお先生など人気漫画家が描き下ろしたマンガが楽しめる特設サイト「ふんわり妄想マンガシアター」がオープンした。

「ふんわり妄想マンガシアター」に参加するのは、浅野いにお、西島大介、今日マチ子、桜沢エリカ、五月女ケイ子の5人の人気漫画家。また、今回の描きおろしマンガにはユーザーのアクションに連動して変化する様々な仕掛けが盛り込まれている。
 

『ふんわり男』

浅野いにおが描く『ふんわり男』では、繰り返し読むことで(マンガのページをリロードすることで)登場人物の視点が切り替わり変化。同じコマでも二度目、三度目で印象が異なって見える不思議な作品となっている。その他にも、西島大介先生の『都合のいい男』では、傾きセンサーやスクロール機能を活用し、画面の中をキャラクターが縦横無尽に動きまわったり、今日マチ子先生が描く『甘酸っぱい男』では「ふんわり鏡月 ライチ」のあるシリアルコードを入力することでマンガの続きを読めるなど様々な仕掛けが盛り沢山!
 

WEB限定スペシャルムービー

さらに、「ふんわり妄想マンガシアター」の公開とともに「ふんわり鏡月」のCMイメージキャラクターである石原さとみが登場するWEB限定スペシャルムービーも公開された。石原さとみが、人には言えない妄想をイメージし、恥ずかしがる姿が可愛いと早くも話題になっている。

マンガ、ムービーともに是非ともチェックしてみよう!

■ふんわり妄想マンガシアター
参加作家:浅野いにお、西島大介、今日マチ子、桜沢エリカ、五月女ケイ子
※桜沢エリカ、五月女ケイ子の作品は後日公開

ふんわり妄想マンガシアター
http://funwari.com

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP