ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニーPCLとソニーDADCジャパン、「Ultra HD Blu-ray」ソフトの制作・製造を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニーPCLとソニーDADCジャパン、「Ultra HD Blu-ray」ソフトの制作・製造を開始

ソニーPCLとソニーDADCジャパンは、Ultra HDコンテンツに対応している「Ultra HD Blu-ray」規格のソフトの制作・製造を開始した。

ソニーPCLでは、4Kの可能性を追求した映像制作への要望に対応するため、2015年にクリエイションセンターの編集環境を更新。併せて、ITU-R BT.2020の色域やハイダイナミックレンジ(以下、HDR)に対応した撮影、カラーグレーディングなどの映像制作技術を検証、各種ファイルフォーマットや上映デバイスを前提とした、マスター制作のノウハウを蓄積してきた。

そして今回、「Ultra HD Blu-ray」の制作環境として、ソニー製のHEVCエンコーダーを導入。ITU-R BT.2020の色域、HDRを含む、高品質な4K映像を、「Ultra HD Blu-ray」へ収録するための体制を整えた。

エンコードやオーサリングのみならず、マスター制作と共に利用してもらうことで、「Ultra HD Blu-ray」のポテンシャルを最大限に引き出す高画質映像を提供する。

一方、ソニーDADCジャパンでは、これまでのBlu-ray Disc、Blu-ray 3D製造で培った技術を応用し、マスタリング工程における、フェーズ・トランジション・マスタリング微細加工技術(PTM)を採用した原盤製造装置(PTR-3000)を最適化することによって、66GB/100GBといった大容量の原盤制作が可能となった。

また、レプリケーション工程では、50GB/66GBのディスク製造については既存のBD-ROMのデュアルレイヤー製造ライン(以下、BD-ROM製造ライン)を転用することにより、また100GBのディスク製造については、BD-ROM製造ラインにもう1層分を形成する装置の追加により、製造が可能となった。

両社は、これまでにもDVDやBlu-ray Disc、Blu-ray 3Dのソフト制作・製造で、密接な連携体制を構築しており、「Ultra HD Blu-ray」においても両社一体となり、充実したパッケージソフトの普及に向け、高品質なサービスを提供していく。

今後は、ソニーPCLによるコンテンツ制作(エンコード、オーサリング)からソニーDADCジャパンによるディスク生産(プレス、パッケージング)に至るまで、両社連携による一貫した制作・製造プロセスを構築することによって、「Ultra HD Blu-ray」のパッケージソフト制作を円滑にサポートする。

関連リンク

ソニーPCL
ソニーDADCジャパン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。