ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回は世界的な旅のガイドブック『Lonely Planet』が選ぶアジアのトップビーチの中で、唯一ランクインした日本の絶景ビーチを紹介します。その中にはちょっと意外な島も含まれていますので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

アジアのトップビーチに選ばれた慶良間(けらま)諸島とは?

『Lonely Planet』が選んだアジアのトップビーチを見ると、多くは東南アジアの美しいリゾート地が挙げられています。

例えばタイのパンガン島やライレイビーチ、インドのハブロック島など。世界的にも有名な場所ばかりですが、その中に日本の南西諸島もランクインしているんです。

南西諸島とはざっくりと言えば、鹿児島県の種子島や屋久島などの大隅諸島をスタートとし、八重山列島まで続く島々を意味します。

南西諸島の主な見どころとして、屋久島や奄美大島、沖縄本島、宮古島、西表島などが当然のように紹介されていますが、ちょっと意外だった点が慶良間(けらま)諸島について。

屋久島や奄美大島、宮古島や西表島は誰でも知っていると思いますが、慶良間諸島がどこにあるのか、地図の上で指を差せる県外在住の日本人は、それほど多くはないはずです。

わざわざスペースの限られた短い解説文の中で、他のメジャーな島々と並んで紹介されている慶良間諸島とは、一体どういった場所なのでしょうか?

慶良間諸島は那覇から日帰りで往復できる楽園のような場所

慶良間諸島とは、沖縄本島の那覇から日帰りで往復できる群島です。主に座間味島と渡嘉敷島からなる30程度の島々で、Lonely Planetでは、

≪tiny gems with white-sand beaches and crystal-clear waters≫(Lonely Planetのホームページより引用)

と説明されています。「白い砂浜とクリスタルのように澄んだ水を持つ、小さな宝石たち」という解説ですね。

実際に足を運んでみると分かりますが、慶良間諸島には飛び切り美しいビーチがそこかしこにあります。特に阿波連ビーチ、古座間味ビーチは有名で、沖縄在住の人も“週末リゾート”として遊びに来るほどの場所。

阿波連ビーチは800mの白い砂浜と抜群に青い海が人気で、古座間味ビーチは座間味港から徒歩で行ける距離にあり、海岸線からすぐの海中で熱帯魚の姿を楽しめます。

他にも夕日の美しいとかしくビーチ、亜熱帯の完全な自然が残った絶景のニシバマビーチなど、美しい海が続いています。

その割に本島や宮古島、石垣島などと比べて、観光地という意味では知名度が劣りますので、「今度の沖縄は、ちょっとメジャーなところを避けたい」という人は、慶良間諸島に足を運んでみては? 那覇から高速船で30分~40分というアクセスの良さもうれしいですね。

以上、南西諸島についてでした。ちょっと重たい話題かもしれませんが、沖縄戦の歴史を知るためにも大切な島々。歴史に興味がある人は、併せて調べてみるといいかもしれませんね。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP