体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進まない「女性の活用」にワーキングマザーが思うこと

働くママたちのコラム

こんにちは、スギ花粉症歴13年ほどの朝倉A子です。妊娠・授乳期には薬を飲めないのがつらいですね。今年もマスクでしのぐかあ…。

f:id:asakuraa:20160213003354j:plain

さて今回は、最近よく聞く「女性の活用」について、活用される側から考えてみたいと思います。

男性管理職から見た働く女性

社内で「女性の活用について」という座談会が開催されました。出席者はさまざまな部門の男性管理職です。議事録が展開されたので読んだところ、そこで出た意見としては… 女性は仕事へのモチベーションがライフステージに影響されやすいので配慮が必要 働く意欲があっても、育児などで十分にそれを発揮できない環境の女性もいる 昇給や昇進に興味がない女性もいる、見極めが難しい

などなど。はいおっしゃる通りです。気を使わせて申し訳ありません。

特に出産を機にリタイアする女性が多いのを「残念」「もったいない」と感じているようで、「勤続を会社や部署がサポートすべき」というのは総意の様子。そして全員が口を揃えて「女性にはいろいろな状況、考え方の人がいる。それを理解し、適材適所で活躍させてあげたい」と言うわけです。ありがたい話です。

が、私は知っている。

我が社の男性社員の、奥さんの専業主婦率はめちゃくちゃ高いということを…。

「女性の活用」には推進派、だが自分の妻は専業がいい?

仕事の場で、管理職として物を言えと言われたら、時代が求めていることを言えるのは当然でしょう。実際、女性の部下を理解しようとしてくれている管理職が増えているのも、女性の立場からちゃんと感じています。

ですが「だが自分の妻は専業がいい」と男性が考える限り、女性は永遠に、仕事か家庭の二者択一を迫られることになるのです。私はこのあたりに、「女性の活用」なるものがなかなか進まない一因があると思っています。

出産や育児といったプライベートの事情がどうしても仕事に影響してくるのが女性です。これはもう、ある程度仕方ないと言うしかないでしょう。一方男性のほうは、いまだに「プライベートと仕事は切り分けられる」と思っている人が多い。そこが非常に気になります。

結婚した女性が社会に出ていくということは、当然ながらその分、家や家族、親族に関するもろもろのことを男性が請け負わなければいけないということです。ですが、「女性の社会進出を応援する」=「自分が家のことを積極的に請け負う」というところが結びついていない男性が多い気がします。

社会進出する女性のことは応援する、だけど自分の妻は家にいてほしい。家のことは妻に任せて、自分は仕事に打ち込みたい。

あのね、これではバランスはとれないよ!

ちなみに内閣府調査によると、「育児や家事は誰の役割だと思う?」という問いに対し、「妻」と答える男性の割合が50%を超えるのが50代以上なんですね。40代はかろうじて44.7%にとどまり、以下年齢が下がるほどにこの割合は減っていきます。ぬう、50代…。この世代が会社の制度を作っていることを考えると、どうか意識の向けどころを変えてほしい。

「内閣府 平成25年度「家族と地域における子育てに関する意識調査」

参照:図表 2-3-2 家庭での育児や家事の役割<SA>(性・年代別)

男性がパートナーに求めていること、の調査データ

f:id:asakuraa:20160212194603g:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会