ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパー!「NMB48のナイショで限界突破!」が復活、音楽プロデューサー・秋山Pが番組EDソングをプロデュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NMB48がさまざまなことに挑戦する番組『NMB48 のナイショで限界突破!~謎のうたワクワク発表会~」を、3月27日の16:30よりBSスカパー!で放送する。

本番組は、昨年9月までBSスカパー!レギュラー番組として放送した『NMB48のナイショで限界突破!』が2時間の特別番組として復活。MCにロバートを迎え、NMB48メンバーがアイドル戦国時代を生き抜くため、他のメンバーにナイショでさまざまなことに挑戦してきた。

特番ではロバート・秋山竜次扮する音楽プロデューサー・秋山Pから出された「オレがプロデュースするから曲を作れ!」という指令に出演者が2チームに分かれて挑戦。お題をクリアするため、ロバート・山本博率いるNMB48メンバー(沖田彩華・谷川愛梨・村瀬紗英・矢倉楓子)は大阪で「新しい大阪」をテーマに、ロバート・馬場裕之率いるNMB48メンバー(太田夢莉・古賀成美・内木志・林萌々香)は京都で「料理」をテーマに、それぞれ歌のネタ探しのロケを実施した。

そして秋山Pが大阪チームと京都チームのロケを基に曲を完成。3月7日にそれぞれのチームが公開収録となった発表会で観客を前に楽曲を発表した。

大阪チームは“新しい大阪を紹介する”曲を披露。1曲目は秋山Pが「こういう曲なかったんじゃないかな。生き物の気持ちになって作った曲。」という「ドクターフィッシュ」は、披露後、沖田彩華に「握手会に影響する」と言わせるほど斬新な曲に仕上がった。

また、京都チームは「料理」をテーマに楽曲を披露し、ハードなCMソング風に仕上げた「デスチャーハン」は、ロック調で会場が一体となった盛り上がりを見せ、ほかにもラップからムード歌謡曲など幅広いジャンルの曲が披露された。

なお、発表会では観客に「一番心に響いた曲はどれか」をジャッジ。選ばれた曲は番組のエンディングソングとして放送される。

ロバート・秋山竜次コメント
今回、プロデューサーということで曲を提供しました。とうとうヒットメーカーの仲間入りか、という気持ちです。新しい世界が開けたと思います。明らかに流行るであろうという曲もできたので、チャートを見るのが楽しみです。

ロバート・山本博コメント
大阪チームのリーダーとして色々な場所をロケでまわりましたが、あんだけ苦労したのが反映されたのかな?というのがあります。メンバーによっては今後の活動に影響するんじゃないかな!?と思う曲もあります。メンバーの新しい一面も見られるので、楽しみにしてもらいたいです。

ロバート・馬場裕之コメント
僕はレギュラー放送の時はロケに出なかったので、今回、ロケに出てみて大変だなと思いました。みんなで、ひっちゃかめっちゃかにやっている感じが楽しかったです。

NMB48・岸野里香コメント
私はアシスタントとしてリハーサルから発表会本番も心の底から楽しんでやれました。秘書的?アシスタントをしている私と秋山Pの絡みも楽しみにしてください。

NMB48・矢倉楓子コメント
前からTOKAKUKAがめっちゃ大好きだったので秋山Pが曲を作ってくれると聞いてとても嬉しくてドキドキしていました。できた曲は想像以上の仕上がりになっているので、放送を楽しみにしてもらいたいです。一番の見どころはパパこと山本さんとコラボした曲で、胸がジーンとするくらい良い曲になっています。

NMB48・太田夢莉コメント
今日の発表会ではメンバーが普段見せない姿を見せているので、是非、放送を楽しみにしてもらえると嬉しいです。私自身も、殻を破れた気がします!!!

番組情報
スカパー!「NMB48 のナイショで限界突破! ~謎のうたワクワク発表会~」
放送日時:2016年3月27日(日)16:30〜18:30
※放送日時は変更になる場合あり。
<出演>
MC:ロバート
アシスタント:岸野里香(NMB48)
限界突破人:沖田彩華・太田夢莉・古賀成美・村瀬紗英・谷川愛梨・内木志・林萌々香・矢倉楓子(NMB48)
チャンネル:BS スカパー!(BS241/プレミアムサービス 585)
視聴方法:スカパー!のいずれかのチャンネルまたはパック・セット等の契約者は無料で視聴可能。
公式サイト:http://www.bs-sptv.com/nmb48/genkaitoppa/

関連リンク

NMB48 オフィシャルサイト:http://www.nmb48.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。