ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「やっかみ」「嫉妬」 24時間総ネット社会で本格的に花開く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お金を稼ぐことは経済をまわし、多額の税金を払うことから悪いことではないだろうが、「嫌儲」という言葉も存在するネット上では「悪」とされることもあるという……。この現象は一体なんなのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ネットの「稼ぐ人」叩きについて考える。

 * * *
「はあちゅう」というフリーの文筆家として食っている30歳の女性が、最近ネットで叩かれまくっている。一部の人にとって「自由な生き方の体現者」や「恋愛の達人」のような見られ方をされ、憧れの存在でもある。金額を聞くのはヤボというものの、相当稼いでいることは間違いない。

 バッシングの具体的な言葉には「金の亡者www」「邪悪と欲望の暗黒神」「存分に死を呪われながら生きていただきたい」などで、そのうえで、「こいつはあと数ヶ月もたない」とまで評される。

 彼女は2004年、大学1年生の時にブログを開始。当時は顔出しをする女子大生など滅多にいないものだから、IT界隈では一気に有名になった。その後は自己資金ゼロで世界一周をする。多数の企業にプレゼンし、「御社と関連したものを世界一周ブログで紹介しますよ!」と25社から旅費や協賛金の調達に成功したのだ。さらには、この体験を本にする。卒業後は広告最大手・電通に入社し、次はストックオプション付き条件でベンチャー企業へ。

 現在は文筆業のほか、テレビのコメンテーター出演もしている。複数のオンラインサロン(ネット上で交流したり、会員限定の文章を読める)を主宰するほか、課金プラットフォーム「note」でも稼いでいる。こうした場で、カネの稼ぎ方や仕事術やプライベートなどを発信し、作家の新しい形を作ろうとしている。

 この段階でどう感じるだろうか。「すごい人がいるな。いやぁ、立派」「アクティブだなァ、稼ぐにはそれだけやらなくちゃいけないんだな」か、「小娘のくせにオレよりも稼ぎやがってむかつく」「どうせバカな信者から金を巻き上げてるんだろ、ケッ」となるかのどっちかである。

 ネットでは後者のような反応があまりにも多く、これはあまりに残念な状況である。本来こうした成功者のことは「税金たくさん払ってくれてありがとう」ぐらい言ってもいいし、彼女の新たな取り組みは先が読めないだけに、壮大なる実験というか後進のための人身御供的な側面もありリスクを取っているのである。

 彼女も時に「貧乏人は自分に起きたことを全部人のせいにする」と挑発してさらに叩かれるわけだが、日本に元から巣食う「やっかみ」「嫉妬」「出る杭を打つ」の感情は24時間総ネット社会の今、いよいよ本格的に花開いてきた感がある。

 彼らは猛烈なバッシングを重ね、挙句の果てには「はあちゅうに騙されて同じ道を進み、惨めな人生を送る人が出たらどうする?」と勝手な心配をする。というか単にバッシングをすることの正当な理由を後付けしているだけであり、カネを稼いでいる様を見せつけられているのが悔しくて仕方がないだけだ。

 もし、彼女が「色々試したけど、月収4万2000円ですぅ?」と書けば、米や味噌が全国から届くだろう。というか、彼女を叩く皆様へ、所詮は他人の人生ではないか。余計なお世話過ぎるし、もっと家族や友人のために時間を使ってやれよ。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
マスコミが報じない参院選・ネット選挙の真相に迫った1冊
ヘイトスピーチ問題に取り組む著者がネット私刑の闇に迫る書
20代後半以上女性 ネット上ではBBAと呼ばれ差別対象になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。