体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人の女性だからうまくいく! “スロー・ラブ”のすすめ

生活・趣味
出典:Paylessimages

「10代、20代のころのような恋愛はできない」、「自分ではもう歳をとってしまって、恋を楽しむ余裕がない」。そんな風に恋愛が億劫に感じてしまうのは、「恋愛は常に激しく急で、若者のためだけのもの」という勝手な先入観が災いしているせいかもしれない。

『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(木村隆志/同文館出版)には、マイペースな大人の女性だからこそ楽しめる恋愛のノウハウが掲載されている。タイトルには「40歳からはじめる」とあるがもっと若い世代でも参考になる学ぶべき事がたくさん書かれている。決して慌てなくていい、自分に合ったテンポで恋愛を楽しむための”スロー・ラブ”のやり方を本書から学んでいこう。

 

小さな進歩を実感し合う

何度も合コンや婚活を重ねているうち、恋愛で求めるものが常に”大きな進展”だけになってしまっていないだろうか。恋愛において常に「失敗か、成功か」だけを考えると、エネルギー消費が激しすぎ、疲れてしまう。

「気になる人ができた」「笑顔をたくさん見せてくれた」「共通点をひとつ発見できた」などの小さな進歩をお互いに実感し合いながら、少しずつ距離を縮めていきましょう。

本書ではそう述べられ、婚活よりもSNSが推奨されている。「友人の紹介」、「イベントでの出会い」などきっかけは何であれ、まずはSNSでつながってみる。そこで「いいね」する、コメントを書くなどで小さな進歩を重ねていくことができるという。

特にSNSでは、お互いの趣味・嗜好もプロフィールや「いいね」、シェアなどによって気軽に知ることができる。いきなり二人きりでデートなど玉砕覚悟の大勝負に挑むのではなく、SNSを使って外堀から攻め、少しずつ身近な関係を築いていこう。

 

「安心して話せる」雰囲気をつくる

“スロー・ラブ”を育むには、デートに誘うのではなく、相手の男性にただ声をかけるだけでいい。「あいさつ」、「ねぎらい」、「感謝」といった何気ない言葉が、誘惑のセリフよりも重要である。

女性の方から声をかけられると、男性も嬉しいものだ。まず「話しやすいな」と感じたら、自然と向こうから歩み寄ってきてくれるだろう。

1 2 3次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会