ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「果肉入り・より自然のままの味」が順造流。究極のクランベリー果汁飲料をauショップで。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本全国から安全でおいしいこだわりの食材を厳選してお届けするサービス「au WALLET Market」。なかでも人気の高い商品のひとつが、「順造選 クランベリー」の果汁飲料だ。人気の理由は、果肉入りで、着色料や香料を使用しないという、こだわりの製法にある。言うは易しだけど、製造になかなか手間がかかるようで。

販売元である大阪のマルカイコーポレーション・松順造会長の名前を冠した「順造選」シリーズ。そこまで果汁飲料の品質にこだわるのには理由があるようだ。その思いを探るべく、大阪に行って話を伺ってきました。

そもそもマルカイコーポレーションは、松会長の先代が立ち上げた会社だ。そこに入社し、ハワイ、LA、サンフランシスコとアメリカ中を回りながら、日本の食材を販売していた松会長。

ところが1980年代の円高の影響で本社の経営が苦しくなり、帰国。ZIPPOや雑貨の輸入販売という新事業で経営を立て直したものの、利幅が薄く商品の扱いもデリケートな食品には「二度と手を出すまい」と思ったそう。

ところが、あるきっかけで長野県のとある町を訪れた際にリンゴ畑を発見し、「ああ、おいしいリンゴジュースが飲みたいな」と思ったのが、順造選シリーズ誕生のきっかけとなったのだとか。

「こういう果肉たっぷりの果汁飲料が飲みたかったから、つくってしまったんです(笑)」と松会長

「私が幼い頃に高熱を出したとき、母がリンゴをすりおろしてジュースを飲ませてくれたことがあったんです。リンゴ畑を見て、ふとそれを思い出して、そういえばあのときに飲んだようなおいしいジュースってないなあ、と。果肉入りのおいしいジュースが飲みたいなあ、と。そこからすべてが始まったんです」と松会長。

素材は自らの足で探す

こうして、果肉入り・ストレート果汁・無添加の順造選シリーズがスタート。クランベリーに着目したのは、それから約5年後のこと。松会長がアメリカ支社に出張した際、スーパーマーケットの飲料売り場でもっとも大きな面積を占める赤い飲みものを目にして店員に尋ねてみると「クランベリーです。アメリカの女性はみんな尿路感染症予防として日常的に飲んでいますよ」と言う。

試しに飲んでみたら、「まあ、これが全然おいしくなかった!」(松会長)。ただし、成分表示を見たら果汁が5〜10%しか入ってなかったので、「クランベリーの果実を入手して自社でつくればおいしくできそうだなと思った。日本ではまだ珍しい果実だったので、他社にはない果汁飲料ができるという点にも目をつけました」。

右/クランベリーの収穫風景は豪快! 左/果実を手に取って確認する松会長

そして、松会長はすぐに自らの足で素材を探すべくカナダ・バンクーバーへ。畑に水を流し入れて、浮かんだ果実を一気に収穫するというクランベリーは、実を選りすぐるのが難しい。そこで、獲れたての果実を急速冷凍して日本に運び、鮮度を活かしたフレッシュな果汁飲料にすることにした。

「実は私自身、順造選シリーズのなかでも、クランベリーの果汁50%がいちばん好きなんです。毎日飲んでいますし、我ながらよくできていると思います。どうぞ飲んでみてください」と松会長に勧められて、いただいてみる。

製法から瓶にいたるまでの、こだわりとは?

上/クランベリーは、見るからに元気になれそうなパワフルな赤さ。下/濃厚さが伝わってくる!

確かに、自然な甘みとやわらかい酸味のバランスが絶妙なうえに、とてもフルーティーで、”手搾り”といった感じのフレッシュな風味だ。果実感も存分に味わえる。100%ジュースの方もそれほど酸っぱくはないしフルーティーだが、毎日気軽に飲めるのはやはり果汁50%の方だろう。

実は、順造選シリーズのなかで、もっとも多く手紙が寄せられるのもクランベリーを買ったお客様からだという。「クランベリーには、抗酸化作用のあるポリフェノール成分『プロアントシアニジン』が含まれているといわれています。おいしいだけではなく、体が気持ちいいと感じていらっしゃる方が多いようで、そういう反響があるのはとてもうれしいですね」(松会長)。

搾りたてのような風味と楽しい食感の果肉は、順造選シリーズの最大の特徴だが、もちろんそのための工夫を凝らしている。

実は、果汁飲料に果肉を残すのは、製造工程上、非常に手間がかかるそう。果肉には火が通りにくいが、中までしっかり加熱しないと容器内で腐敗・発酵する恐れがあるからだ。

「だから、加熱しても大丈夫な”瓶”の容器じゃないとダメなんです。重いという声もよく聞きますが、果肉入りにしようと思ったら、瓶しか選択肢はない」。

「知識も技術もなく、あったのは”こういうのが飲みたいな”という思いだけ(笑)。でも、振り返ってみれば、他社が真似できない、強烈な個性の果汁飲料ができました」と笑顔で話す松会長

なんで果肉入りにそこまでこだわるのかと聞けば、「おいしいからですよ!(笑)」と即答。「コクがあるでしょう? 濃縮還元を使わず、果実をそのまま搾っているのも、その方が断然おいしいから。香りや口に含んだときの風味が全然違います。当然、味が微妙に変わることもあります。果汁50%のように、少し加糖するものは多少の調整ができますが、それにも限度があるし、100%では無理。でも、それが”自然”なんですよね。均一にしようとすれば、味付けやブレンドが必要になりますが、できるだけ自然の味をそのまま届けたいので、ワインのように、そのときどきの味わいを楽しんでもらえたらと思っています。もちろん、砂糖以外の添加物も使わないようにしています」

味わいのある松会長の直筆をプリントしたラベル

自分がジュースづくりのプロだったら順造選シリーズはできなかった、と松会長。「だって、果肉入りやストレート果汁飲料をつくるのは、正直本当に大変ですもん(笑)。でも、素人だったのがよかったんですね。『こんなものが飲みたい』という思いだけでつくれましたし、それが商品開発の原点になっていると思います」。

今では、アメリカ在住者に「こっちでも売ってほしい」と言われるほど、大きな反響を呼んでいる「順造選 クランベリー」。ラベルに添えられた文字も文章も、松会長が考え、自身で書いたものだ。「製造工程は全部見ていますし、味見も何度もして、よくわかっているから、言葉はいくらでも出てくるんです。うまい字ではないですが、飲んでいただく方への手紙だと思って、心を込めて書いています」と語る。

取材に同行した、au WALLET Marketを運営するKDDIビジネス開発部の佐藤祐介と大川原勇太は、「商品自体も魅力的ですが、それ以上に順造会長の”自分が飲みたいものをつくる”、という商品づくりへの思いに共感し、取り扱いを決めました。おいしいだけじゃなく、舌にも体にもうれしいジュースということが、会長のお話からよくわかります。”ちょっといいもの”というau WALLET Marketのコンセプト通りの商品だということが再確認できて、本当によかったです!」と述べた。

左から、KDDI佐藤、松順造会長、KDDI大川原

ほかではなかなか飲めないと思いますので、au WALLET Marketで販売されるのを機に、少しでも全国の多くの人に広まったら嬉しいですね 」と松会長。

「ほかにはない」という言葉のなかに、自身が選び抜いたという順造選シリーズへの自信がかいま見える。今年81歳という年齢をまったく感じさせないバイタリティーや肌のツヤも、もしかするとクランベリーのおかげかも……!? ともあれ、搾りたてのようなフレッシュな風味は「ほかにない」自然なおいしさ。ぜひお試しあれ!

「順造選 クランベリー果汁50%」など、贈呈します!

KDDIでは、今回取材した「順造選 クランベリー果汁50%」を含む、「au WALLET Market」の人気商品のなかから、特に人気の高い食品3点を厳選した「商品詰め合わせセット」を、株主優待特典のひとつとして株主さま※に贈呈いたします。詳細は、KDDIサイト「株主優待制度」をチェック。ぜひお楽しみに!

※2016年3月末株主名簿に記録された、100株以上を保有されている株主さまが対象。発送時期は6月下旬頃となります。

関連リンク

au WALLET Market
KDDI株主優待制度
KDDIニュースリリース 株主優待制度を拡充 ~「au WALLET Market」から好評の食品3品を厳選~

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

鹿児島の離島で生まれた人気者。auショップで買える「とうふ屋さんの大豆バター」の秘密に迫る!
「猫の日」に「猫の島」で猫100匹に聞きました。普通のと「ちょっといいもの」、どっちが好き?
島のおいしいパワーを届ける「au WALLET Market」の新サービス、「しまものマルシェ」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。