体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【国際女性デー】世界中の女性醸造家が造る女性のためのビールって何!?千葉のブルワリーで探ってきた|ビール女子

Pink Beer Society

毎年 3 月 8 日は、女性の権利と世界平和をめざす「国際女性デー」。それにちなみ、世界各国では記念行事や催しがさまざま開催されています。そのひとつとしてアメリカの『 Pink Boots Society 』が中心となり、女性による女性のためのビールが毎年世界中で醸造されているのをご存知でしょうか?

2014 年からスタート! 3 年目の今年は「ゴーゼ」

国際女性デーにあわせ、 Pink Beer Society が「 Big Boots Brew Day 」を設定。今年は 3 月 5 日を醸造の日と定め、その日、参加する世界中のブルワリー 90 カ所で同じテーマのビールを醸造します。
今年のビールは「ゴーゼ」。塩と乳酸菌が使われるこのビールは、ドイツハルツ地方のゴスラーで生まれ、現在はライプツィヒを中心に醸造されていますが、現在、アメリカを中心に大人気のビアスタイルで、日本でも今後注目のビールです。

2014 年はペールエール、2015 年はレッドエール。毎年、醸造するビールのガイドラインが提示され、ブルワリーではそれに添って醸造します。でも、多少のアレンジは可能。ブルワリー毎に特徴ある Pink Boots Society のビールが誕生します。

<今年のガイドライン>
50% Pilsner Malt (or Am. Two-Row Pale)
50% Wheat Malt
Noble Hop addition
Cracked Coriander
Sea Salt
OG (Plato) 1.036-1.056 (9.0-13.8)
ABV 4.4%-5.4%
IBU 10-15
Color SRM 3-9 (6-18 EBC)

※今回のレシピではコリアンダーなど副原料を使用するため、日本の酒税法上は発泡酒となります。

Pink Boots Society(ピンクブーツソサエティ)とは?

ピンク・ブーツ・ソサエティは、ビール業界で働く女性が、教育を通して経験を積み、才能あふれるビールのスペシャリストに育つことを支援するアメリカで発足した団体です。ビールに関係する仕事に従事する人ならだれでも登録可能。
[ネーミングに込められた想い]
P—Passion(熱意) I—Integrity & Inspiration(整合とひらめき) N—Networking(連携) K—Knowledge(知識)

B—Beer & Brewing(ビールと醸造) O—Opportunity(チャンス) O—Open Exchange of Ideas(アイデアの交換) T—Teach(技術) S—Success(成功)

ピンクの長靴、ピンクのウェアを着てビールを造ろう!

日本人としていち早くこの活動に賛同しメンバー登録している東京・代々木のビアパブ「Watering Hole(ウォータリングホール、以下WH)」オーナーの筒井美千子さんと、 1998 年から醸造するロコビア(千葉県佐倉市)の女性ブルワー鍵谷百代さんは、 2014 年からこのビール醸造に参加しています。
Pink Beer Society

まずは、麦芽の粉砕からスタート。今回のビアスタイル、ゴーゼを造るキーとなる原料は、アシッド・モルト。乳酸菌が使われたモルトは、一粒噛んでみると、粒の中に酸味を感じ、そのままおつまみにしてもよさそうな味わいです。特殊なモルトのため、通常の粉砕機ではなく、小さなミルで別粉砕し、仕込槽に投入します。

▼このミルはお手製だそう。粉が舞わないように細かい所まで配慮されています。
Pink Beer Brewery

1 2次のページ
ビール女子の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会