ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、訪日外国人に「本当に」人気のある観光スポットとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま訪日外国人観光客に、どの観光スポットが人気なのか、予想がつくでしょうか。
毎月3億5000万人を超える旅行者が利用している、世界最大の旅行口コミサイト”トリップアドバイザー”に寄せられた、外国人旅行者の口コミをもとに決定された”外国人に人気の日本の観光スポット”ベスト50を紹介している本書『行ってよかった 外国人に人気の日本の観光スポット』を参考に、さっそくそのランキングを見てみましょう。

 堂々の第1位は、全国約3万社にものぼる稲荷神社の総本宮、京都府京都市にある”伏見稲荷大社”。どこまでも続く朱塗りの鳥居の姿は、神秘的に映るようです。「京都に1週間滞在し、ほかの神社や庭園、寺院をたくさん見ましたが、何よりも圧倒されました!数千を数える膨大な鳥居は圧巻」(ELondonTravellerさん/イギリス)や、「夕暮れ後、暗くなってから行きましたが、ライトアップされていました。幻想的な雰囲気が漂っていておすすめです。迷路に迷い込んだような不思議な感覚。京都のほかの寺院にはない空気を感じてください」(LeoneSusさん/マレーシア)といった声が。

 続く第2位は、広島県広島市の”広島平和記念資料館(原爆ドーム、平和記念公園)”。原爆の悲惨さを伝え、平和を訴えるシンボルとして、考えさせられるところが多いようです。

 第3位は、同じく広島県の廿日市市にある”嚴島神社”。海に浮かぶ寝殿造りの社殿と、本社拝殿から約200m沖に立つ大鳥居の美しさは、多くの観光客の心を捉えているようです。
「3回訪れているが飽きることがない。晴れた日に輝く朱塗りの寺院、霧雨の中の神秘的な姿、干潮時、満潮時、夕方、夜景、どれも言葉では言い表せないほど美しい」(momo Tさん/アメリカ)といったコメントが寄せられています。

 ランキングはその後、第4位に奈良県奈良市の”東大寺”、第5位に京都府京都市の”禅林寺 永観堂”、第6位に長野県山ノ内町の”地獄谷野猿公苑”、第7位に和歌山県高野町の”高野山奥之院”と続きますが、第8位には日本人があまり知らないであろう少し意外なスポットが。

 それは、京都府京都市にある”サムライ剣舞シアター”。ここでは、詩吟に合わせて刀や扇を持って舞う舞踊である剣舞を体験したり、ショーを見たりすることができるそう。基本的な刀の持ち方や扱い方を学んだりすることで、日本文化の理解にも繋がると外国人観光客から人気なのだといいます。

 またサムライ剣舞シアターの他にも、侍に会えるスポットは軒並み人気が高いようです。京都府京都市の”東映太秦映画村”や栃木県日光市の”江戸ワンダーランド日光江戸村”といった日本人にもお馴染みのスポットだけでなく、東京都新宿区の”サムライミュージアム”、北海道登別市の”登別伊達時代村”など、侍・忍者の人気はいまだ健在。

 外国人に人気の日本の観光スポット、ベスト50。外国人観光客は日本のどのようなところに惹かれるのか、身近にあり過ぎて気付かない視点を発見できるかもしれません。

■関連記事
訪日外国人観光客に人気の”意外なスポット”とは?
ニューヨーク観光、ヒップホップ名所巡りが面白い
靖国神社が人気スポット? 性の爆買いも!? 中国人観光客の知られざる「別の顔」とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP