体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リブセンス桂大介が語る、フリーランスの経験で築いた特殊な精神的構造と美学の話

フリーランスで身に付けた「厳しさに対する免疫」

リブセンス創業時は、エンジニアとしてコーディング業務に徹していました。その後、4~5年のCTO経験を経て開発チームを他のメンバーに託し、Webマーケティング部門の立ち上げに取り組みました。

リブセンスに参画する前は、個人事業主としてフリーランスで仕事をしていました。とはいっても高校生の頃の話です。当時はホームページ制作バブルの時代で、中小企業が自社のホームページを作り始めた頃でした。ですので、高校生の私にも仕事が回ってくるような状況だったんです。孫請けとして、制作会社が引き受けた案件のプログラム部分だけを受託開発していました。

フリーランスというと、自由な印象を受けるかもしれませんが、実はすごく大変なんです。例えば企業であれば、インフルエンザにかかると1週間休みましょうとなります。しかしフリーランスの場合は自分しか作業者はいないので、風邪は絶対にひけません。1週間の休みは、仕事がなくなることを意味します。

そのような環境で仕事をしていると、良くも悪くも「特殊な精神構造」が築かれていきます。「厳しさに対する免疫」のようなものですね。当時の経験は今でも役に立っています。

株式会社リブセンス 取締役 桂 大介氏
中学生の頃からプログラミングを始め、高校時代にはフリーランスとして受注委託の仕事を請け負う。大学時代にリブセンス代表の村上氏と出会い、共同で創業。CTOの役回りやマーケティングの部署立ち上げを経て現職

自信がないと、実力も30%しか出せない

フリーランス時代に学んだこととして、厳しい環境での結果の出し方があります。例えば、「空中を走る車」を想像してみてください。私はそのような車を想像しても、創りたいとはあまり思えません。

なぜなら「そんなものは創れない」と心のどこかで思っているからです。創ることに自信が持てない、ゆえに情熱も湧いてこない。ある程度の自信がないと、情熱も湧いてこないのです。

結果を出すためには、自信を持つことが大事だと思っています。その大切さは誰もが思っていることですが、自信を持てるようになるのはなかなか難しいことです。

自信というと、根拠が求められるイメージがありますが、まずは根拠のない自信が大事なのではないでしょうか。人間は、誰もがそれなりの能力を備えて生まれてきていると思うんですね。

ですので、誰もが自分なりに納得感を持って、わがままなくらいに自己主張しても、意外に周囲は承認してくれるんじゃないかと。逆に自信が持てていない状況だと、何をやるにも30%程度の実力しか出せず周囲からも承認されない。

自信を持たず踏み出してみて力が発揮できないのであれば、根拠はなくても良いので自信を持つことから始める。そして第一歩を踏み出してみることが大切だと考えています。

美学が自信を、そして結果を生み出す

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会