ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2000発のボールでピタゴラス式に演奏。この謎の楽器、かっこいい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モリンが、14カ月もの月日をかけて手作りした楽器が半端じゃないと話題に!そのカラクリは見てるだけでもワクワクものです。それに、音色や楽曲もかっこいいんです。

とくに、ベース音が始まる55秒からは必聴。ぜひ、動画をご覧あれ。

ピタゴラス式のしかけが凄い!








パーツの数は述べ3,000個。クジ引きのガラガラのようにハンドルを回転させると、連動する木製の歯車たち。パチンコ玉のようなボールを次々と運んでは、鉄琴やパッドに落として音を出します。本体に組み込まれたエレキベースの弦も同様で、左手で指板を押さえてベースラインづくり。結果、メロウでパワフルな楽曲にーー。ってとにかくすっごいフクザツなんです!

自動のようでありながら手動操作も重要なつくりのため、見てるだけで頭がこんがらがってきますが、カタカタと鳴る雑音なども含めてつい見入ってしまうシロモノ。テンポを自然にスローダウンさせる演奏の終わり方は、ナルホドニヤリと言った感じ。

彼の所属する「Wintergatan」は、もともと多彩な楽器を用いるバンドであり、大人気。ちなみに、この楽器の製作工程を写した動画も以下から確認できます。それにしても、凄いの一言!

Licensed material used with permission by Marble Machine by Swedish band Wintergatan,YouTube,YouTube Channel,Website,Facebook,

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
NYの小学校が、「レゴ」を使って算数を勉強中!
天国への手紙も受け付けてくれる「漂流郵便局」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP