ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Android 6.0を搭載したミッドレンジクラスの10インチタブレット「SM-T585」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が「SM-T585」の型番を持つミッドレンジクラスの 10 インチタブレットを開発していることが判明しました。これは、GFX Bench に登録された「Samsung SM-T585」のベンチマーク情報より明らかになったことです。GFX Bench によると、SM-T585 は Android 6.0、10 インチ 1,920 x 1,200 ピクセルのディスプレイ、1.7GHz 駆動のオクタコアプロセッサ(RM Mali-T830 GPU)、1.8GB RAM、11GB ROM、背面に 700 万画素カメラ、前面に 190 万画素カメラを搭載しています。SM=T5XX の型番は Galaxy Tab の 10 インチモデルに割り当てられているので、Galaxy Tab の次世代モデルだと予想されます。Source : GFX Bench

■関連記事
トヨタ、目の不自由な人の行動をサポートするウェアラブルデバイス「Project BLAID」を開発
Facebook、Material Designの新UIを採用した新しいFacebookメッセンジャーを正式リリース
SamsungがいかにしてGalaxy S7 / S7 edgeをIPX8の防水に対応させたのかを確認できる動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP