ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相手方からの直接の連絡を止めさせることはできますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 現在、私の過去の過ちで損害賠償請求をされています。相手方には代理人(弁護士)が付いています。その弁護士からの書面に、相手方と直接のやり取りをしないように書いてありましたし、私も相手方が代理人を立てた以上、直接やり取りをしたくありません。
 ところが、相手方が今でも電話をしてきたり、家に訪ねて来たりして、困っています。相手方は、少々気性が荒い方なので、色々言われたり、脅されたりするのが怖く、また、私は現在パニック障害で病気療養中ということもあり、こういうことが続き、病状がまた悪くなってきています。代理人がいるなら、依頼者である相手方が私に直接連絡したり、訪ねてくるのをやめて欲しいのですが、どうしたら良いのか分からずに、困っています。

(40代:女性)

A.

 まずは、弁護士である代理人がついているのですから、弁護士に対して、本人から自分のところに直接連絡がくるので困っていること、病気療養中であることから症状が悪化しつつあることを伝えて、本人からの直接の連絡等をやめさせるようにしてもらいたいことを伝えてください。

 また、それでも直接の連絡がやまない場合には、その連絡の時間や内容を克明に記録しておき、代理人に宛てに内容証明郵便で警告をし、こちらから損害賠償請求することも伝えるとよいでしょう。

 また、ストーカーというほどではないと思われますので、警察沙汰というわけにはいかないかもしれませんので、あなたからの損害賠償請求訴訟を提起するなり、相手代理人を通じてさっさと訴訟を提起してもらい、その民事裁判の中でだけ話合いをするという方向に持っていくのもいいかもしれません。

元記事

相手方からの直接の連絡を止めさせることはできますか?

関連情報

無銭飲食?破産事件(想うままに ー弁護士日誌から)
誠実に対応してくれない加害者、どうすればいい?(なっとく法律相談)
本人訴訟(想うままに ー弁護士日誌から)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP